黒球形 熱中症指数計 / 熱中症指数データロガー AD-5695DL

黒球形 熱中症指数計 / 熱中症指数データロガー AD-5695DL

  • NEW

内蔵メモリに測定データを記録、CSVファイルに保存

  • JIS B 7922準拠(クラス2)
  • 成績書発行可能(※1)

記録間隔1分の場合、連続 約8日間の測定データを記録して保存することができます。

熱中症の危険性を知るために、労働環境の安全管理に。
全球形 石川式黒球(直径75mm)を使用。

  • 測定項目:WBGT(屋外/屋内)、温度、相対湿度、黒球温度
  • 暑熱環境の作業現場における安全管理。工場、製鉄、道路工事、建設工事、農作業、酪農作業など。
  • 外運動場、体育館、学校におけるスポーツの安全管理

(※1)成績書発行可能:
検査成績書の発行をご利用頂ける商品です。 標準価格10,000円(税抜価格)
トレーサビリティ体系図の発行は別料金がかかります。 標準価格12,000円(税抜価格)

熱中症指数計/熱中症指数モニターの機種選びや管理方法等のご案内

学校など屋内外で使用する場合の機種選択から適切な使用場所、行動管理のポイントなどについて詳しくご案内いたします。

熱中症対策に!エー・アンド・デイの熱中症指数計
用途別で比較!熱中症指数計/熱中症指数モニター

カタログ・取扱説明書

標準価格・JANコード

型名 標準価格 商品コード JANコード
AD-5695DL ¥30,000(税抜価格) AD5695DL 4981046160704
AD-5695DL
標準価格 ¥30,000(税抜価格)
商品コード AD5695DL
JANコード 4981046160704

特長:WBGT指数のアラーム設定が可能 (20.0~50.0℃)

最大12,000 ポイントの測定データを記録・保存できます

  • 年月日、時刻、WBGT指数、温度、相対湿度、IN/OUT設定の7項目を1ポイントとして、最大12,000ポイントのデータを内蔵メモリに記録できます。
    (測定間隔1分で、連続約8日間の測定データを記録することができます)
  • USB通信ケーブルを本体とパソコンに接続.内蔵メモリに記録された測定データをパソコンに保存することができます(保存ファイルはCSV形式)
    特別なソフトウエアをインストールする必要はありません。
  • 記録された測定データはCSV形式でファイルに出力して保存することができます。
    Excelなどの表計算ソフトウエアで開き、データ解析できます。

保存されたCSVファイルの測定データ例

  • データ記録開始の遅延時間が設定可能(スタート遅延機能)
    複数台の熱中症指数計/熱中症指数データロガーを同時に記録開始できます。
    スタート遅延時間 0分、2分、5分、30分、45分、60分、90分、120分、12時間 から選択
  • データ記録間隔(サンプル間隔)の時間設定が可能
    1分、2分、5分、10分、30分、60分、90分、120分 から選択
  • 熱中症指数計/熱中症指数データロガーの ID番号の設定が可能
    複数台使用しても識別が可能
  • パソコン画面で測定条件を簡単設定、日本語の設定画面表示
    設定項目は、パソコン画面の言語(日本語、英語、中国語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語)、データロガーのデータ記録間隔、スタート遅延時間、ID番号の4項目のシンプル設定
  • 直径75mmの全球形石川式黒球により、安定した測定が可能
  • 使用場所に合わせて屋内(室内IN)と屋外(室外OUT)のモード選択が可能
  • 市販のカメラ用三脚に取り付け可能(三脚穴寸法 1/4-20UNC)
  • WBGT指数、温度、湿度の同時表示.黒球温度は切替表示
  • 最高値、最低値のメモリー機能
  • 表示ホールド機能

仕様

表示項目
WBGT指数、温度(TA)、相対湿度(RH)、黒球温度(TG)
測定項目
温度(TA)、相対湿度(RH)、黒球温度(TG)
JIS B 7922 精度区分
クラス2
測定範囲:WBGT(熱中症指数)
0 ~ 50℃(最小表示0.1℃) (表示範囲 -2.0~52.0℃)
測定範囲:温度(TA)
0 ~ 50℃(最小表示0.1℃) (表示範囲 -2.0~62.0℃)
測定範囲:相対湿度(RH)
10 ~ 90%RH(最小表示0.1%RH) (表示範囲 0.1~99.9%RH)
測定範囲:黒球温度(TG)
0 ~ 80℃(最小表示0.1℃) (表示範囲 -2.0~82.0℃)
測定精度:温度(TA)
±0.6℃
測定精度:相対湿度(RH)
±5%RH(20.0~90.0%RH)、±7%RH(10.0~19.9%RH) 25℃時
測定精度:黒球温度(TG)
±0.6℃
動作環境(使用範囲)
温度 0~50℃、相対湿度 0~90%RH、風速0.3m/s以上 (ただし、結露しないこと)
サンプリング(測定間隔)
約2秒毎
データ記録機能:データ保存先
内部メモリ
データ記録機能:データ保存数
最大12000ポイント(記録間隔1分で約8日の測定データが記録できます)
データ記録機能:ファイル保存形式
csv形式
データ記録機能:記録項目
年月日、時刻、IN/OUT設定、温度、相対湿度、黒球温度、WBGT
データ記録機能:記録間隔
1分、2分、5分、10分、30分、60分、90分、120分 から選択
データ記録機能:記録開始方法
ボタン操作で記録スタート
データ記録機能:スタート遅延時間
0分、2分、5分、30分、45分、60分、90分、120分、12時間 から選択
黒球
石川式黒球(外径Φ75mm)、厚さ0.5mm、銅製、放射率0.95
WBGT指数のアラーム設定範囲
20~50℃(0.5℃刻みで設定可能)、アラームブザー音量 約80dB(距離10cm)
USBケーブル
USB端子:A端子-Mini B 端子ケーブル、ケーブル長 約130cm
電源
単4形アルカリ乾電池4個
電池寿命
約700時間(アルカリ乾電池使用、周囲温度25℃、記録間隔1時間毎、アラーム動作なし、バックライト非点灯時)
寸法/質量
黒球 Φ75mm全球形、 本体 75(W)×75(D)×301(H)mm / 約290g
材質
ABS樹脂(本体、センサ保護カバー)、ラバー(操作ボタン)、アクリル(LCDパネル)、SUS304(三脚穴)
付属品
取扱説明書、電池(モニタ用)、保護フィルタ、通信ケーブル、ハードケース、ネックストラップ、熱中症予防指針ラベル

・本製品は風速0.3m/s未満の環境では正しく測定できない可能性があります。風速が0.3m/s未満の微風、あるいは無風速の環境で使用する場合は注意をする必要があります。
・表示範囲は測定範囲外の数値も表示されますが、精度や動作は保証されません。
・エー・アンド・デイでは、熱中症予防対策の啓発の一環として、暑さ指数(WBGT)を具体的にわかりやすく「熱中症指数」と呼称しています。

オプション

型名 品名 標準価格 商品コード JANコード
AD-5695A-01 黒球ユニット ¥12,000(税抜価格) AD5695A-01 4981046137713
AD-5695A-02 保護フィルタ ¥300(税抜価格) AD5695A-02 4981046450331
AX-KO5465-180 USBケーブル(※2) ¥1,000(税抜価格) AX-KO5465-180 4981046155915
AXP-AD5695A-1 電池ふた ¥220(税抜価格) AXP-AD5695A-1 4981046151672
AXP-AD5695DL-2 ハードケース ¥4,900(税抜価格) AXP-AD5695DL-2 4981046162630
AXP-AD5695A-3 ネックストラップ ¥220(税抜価格) AXP-AD5695A-3 4981046151696
AXP-AD5695A-4 熱中症予防指針ラベル ¥220(税抜価格) AXP-AD5695A-4 4981046151702
AD-5695A-01
品名 黒球ユニット
標準価格 ¥12,000(税抜価格)
商品コード AD5695A-01
JANコード 4981046137713
AD-5695A-02
品名 保護フィルタ
標準価格 ¥300(税抜価格)
商品コード AD5695A-02
JANコード 4981046450331
AX-KO5465-180
品名 USBケーブル(※2)
標準価格 ¥1,000(税抜価格)
商品コード AX-KO5465-180
JANコード 4981046155915
AXP-AD5695A-1
品名 電池ふた
標準価格 ¥220(税抜価格)
商品コード AXP-AD5695A-1
JANコード 4981046151672
AXP-AD5695DL-2
品名 ハードケース
標準価格 ¥4,900(税抜価格)
商品コード AXP-AD5695DL-2
JANコード 4981046162630
AXP-AD5695A-3
品名 ネックストラップ
標準価格 ¥220(税抜価格)
商品コード AXP-AD5695A-3
JANコード 4981046151696
AXP-AD5695A-4
品名 熱中症予防指針ラベル
標準価格 ¥220(税抜価格)
商品コード AXP-AD5695A-4
JANコード 4981046151702

(※2)別売品のUSBケーブル AX-KO5465-180(ケーブル長180㎝)は、付属品のUSBケーブルと形状や長さが異なりますが、機能に支障はありません。
市販の充電専用のUSBケーブルでは、データ記録機能の設定や記録データの通信はできません。
必ず、付属品や別売品のUSBケーブルのようなデータ通信可能なUSBケーブルを使用してください。

関連コンテンツ

ウェビナー動画:熱中症および熱中症指数計について
ウェビナー動画:熱中症および熱中症指数計について 画像

熱中症について、熱中症発症のメカニズムと熱中症指数計を使った上手な熱中症予防について解説した動画を無料で配信しています。