壁掛・卓上形 熱中症指数計 / 熱中症指数モニター AD-5693

壁掛・卓上形 熱中症指数計 / 熱中症指数モニター AD-5693

  • 熱中症予防対策、労働環境の安全管理やスポーツの安全管理に
  • 屋内、または太陽照射のない屋外で使用いただけます
  • 熱中症指数(WBGT指数)、気温、相対湿度のアラーム設定が可能
  • ブザー音とLEDランプ(赤色)でアラームをお知らせ
  • WBGT指数、気温、相対湿度、時刻を同時に表示
  • 最高値(MAX)、最低値(MIN)をメモリー
  • 壁掛と卓上スタンドの2通りの設置が可能

熱中症指数計/熱中症指数モニターの機種選びや管理方法等のご案内

学校など屋内外で使用する場合の機種選択から適切な使用場所、行動管理のポイントなどについて詳しくご案内いたします。

熱中症対策に!エー・アンド・デイの熱中症指数計
用途別で比較!熱中症指数計/熱中症指数モニター

標準価格・JANコード

型名 標準価格 商品コード JANコード
AD-5693 ¥9,000(税抜価格) AD5693 4981046450409
AD-5693
標準価格 ¥9,000(税抜価格)
商品コード AD5693
JANコード 4981046450409

特長

熱中症指数(WBGT)とは

熱中症指数(WBGT)とはISO7243/JIS Z 8504で規定される国際基準で、熱中症を含む暑熱環境における人が受ける熱ストレスを評価する指数です。

日常生活における熱中症予防方針

日本生気象学会 「日常生活における熱中症予防指針」より

特長

熱中症指数(WBGT)とは熱中症を含む暑熱環境における人が受ける熱ストレスを評価する指数です。
本製品壁掛・卓上形熱中症指数計/熱中症指数モニターAD-5693は、黒球(温度)を使用しない製品で、本製品が表示するWBGT値は日本生気象学会の「日常生活における熱中症予防指針」Ver.1(2007年)の「図1.WBGTと気温、湿度の関係」に基づいて、気温を湿度より求めています。

ご使用にあたって

本製品は、熱中症発症を完全に防止できる製品ではありません。熱中症の発症は、温度、湿度、輻射熱などの温熱環境、性別、年齢、既往歴や健康状態などの個人差、運動、労働、日常生活活動などの状況、など様々な要因が作用します。ご使用にあたっては、本製品の特性をよくご理解の上、あくまで目安としてお使いください。 本製品をご使用中、気分が悪くなった場合には、本製品の表示に係わらず、涼しい場所に移動したり、医師の診察を受けるなどの処置をしてください。

仕様

表示項目
熱中症指数(WBGT)、温度(気温TA)、相対湿度(RH)、時刻
測定項目
温度(気温TA)、相対湿度(RH)
熱中症指数(WBGT)の表示範囲
-2℃~60℃(最小表示:0.1℃)
測定範囲
・温度(TA):0~55℃(最小表示:0.1℃)
相対湿度(RH):20%RH~90%RH(最小表示:0.1%RH)
測定精度
・温度(気温TA):±1℃(0~50℃)、±2℃(50~55℃)
・相対湿度(RH):±5%RH(30~70%RH)、±10%RH(他の測定範囲) 25℃時
電源
単3形乾電池3個 電池寿命:約1年(アルカリ乾電池の場合)
外形寸法
91(W)×110(H)×30(D)mm
本体質量
約200g(電池含む)
付属品
モニタ用電池、取扱説明書

・エー・アンド・デイでは、熱中症予防対策の啓発の一環として、暑さ指数(WBGT)を具体的にわかりやすく「熱中症指数」と呼称しています。

関連コンテンツ

ウェビナー動画:熱中症および熱中症指数計について
ウェビナー動画:熱中症および熱中症指数計について 画像

熱中症について、熱中症発症のメカニズムと熱中症指数計を使った上手な熱中症予防について解説した動画を無料で配信しています。

おすすめコンテンツ

株式会社セアスターコーポレーション様にインタビュー

『エー・アンド・デイ情報マガジン WAY』VOL.12