見えなかったものが見えてくる - 新たな計測システムの提案 次世代電池 評価試験装置

製品サポートに関するお問い合わせ

様々な電池の管理・開発にエー・アンド・デイの評価試験装置は単独材料を始めとしてコーディング材料の諸特性評価に最適です。 次世代電池 評価試験装置 カタログPDF(1,128KB)

  • RPT
  • RPT
  • RPT
  • RPT
  • RPT
  • RPT
  • RPT

評価試験装置

コーディング材料 単独材料
コーディング剤物性(電極膜生成・膜構造試験・導電接着剤) セパレータ物性・フィルム特性
乾燥・硬化性 RPT MS-70 電解液の濡れ性 TFP-10
付着・接着性 TFP-10 電解液の浸透性 TFP-10
濡れ性 DDV RTF 微小変形物性 DDV
集電体付着膜の粘弾性 RPT 大変形物性 RTF
硬度・粘度 MS-70 層間付着性 RTF
浸透性 TFP-10 硬度 RPT
電解液充填量 TFP-10 aAD-d4212C 透過性・濡れ性
    酸化剤 TFP-10
    燃料 TFP-10
    TFP-10 MS-70
    熱特性・環境耐久性
    熱特性・環境耐久性 RPT DDV

計量装置

製造過程での計量 AD-4212C

計測装置

充放電特性の計測 HILS

製品ラインナップ

剛体振子型物性試験器

  • 集電材上での電極材料の乾燥・硬化条件の決定に
  • 集電材上で乾燥・硬化した電極材料の物性評価に
電池材料分野における剛体振子
自由減衰振動法(FDOM)の活用
剛体振子型物性試験器RPT-3000Wは、剛体振子自由減衰振動法(FDOM)によって、集電材上に成膜される電極材料の乾燥・硬化最適条件の設計に有効な情報が得られます。

音叉式物性試験機

  • 電極材料と集電箔の濡れ性評価に
  • 電極・電解液への含浸挙動評価に
  • コーディング膜と液体の物性評価に
コーティング溶液材料の濡れ性を評価など
各種基材(Al、Cu、…等)とコーティング溶液材料の濡れ性を評価することは、付着性確保のために重要です。
実用的な系で濡れ性を容易に評価することが可能です。
月刊 『塗装技術』 (2016年6月号) 技術レポート

加熱式天秤

  • 電極材料の乾燥開始最適時間の評価に
  • 集電材上での電極材料の乾燥・硬化条件の決定に
  • 膜内への含有量の測定に
電池材料乾燥条件設定への活用
乾燥・硬化膜中残留揮発分の定量
加熱天秤(通称:水分計)MS-70により集電材上に塗られた電極材料の初期乾燥条件の設計に有効な情報が得られます。集電材料に塗られた電極材料は初期に揮発成分の活発な揮発がおこります。
この時点で加熱すると揮発が激しく起こり、橋架けに大きな変動を起こします。揮発成分が決着材の効果を受ける時間を測定し、この効果のある時間帯で加熱することによって安定した物性を有する乾燥・硬化膜が得られます。これによって電池性能の安定した電極膜を作成することが可能です。

微小変型物性試験器

  • マクロ高分子材料の物理特性の評価に
  • セパレータ・シールの動的粘弾性の評価に
電池材料分野における動的粘弾性試験の活用
自動動的粘弾性測定器レオバイブロンDDV-GPシリーズは、プラスチックの微小変形物性の試験方法である以下の製品等の規格に適合した試験装置です。
  • JIS K7244-1( ISO 6721-1:通則)
  • JIS K7244-4( ISO 6721- 4 : 引張振動)
  • JIS K7244-5( ISO 6721- 5:曲げ振動)
  • JIS K7244-6( ISO 6721- 6:せん断振動)

大変形物性試験機

  • 電池・素材の強度評価に
  • 引張圧縮試験・集電材に塗布された電極材料の強度評価に
  • セパレータなどの曲げ評価ができる釘刺し評価試験に
多様化する試験ニーズから生まれた豊富なアプリケーションと試験冶具をご用意
テンシロン万能 材料試験機RTFシリーズ/RTGシリーズは、優れた操作性、高精度な測定を実現
電池の評価は、使用時の発火や破裂を起こさないことを確認する目的で、各種試験が行われます。各素材は、発電、充放電時に発生する熱による強度確認が安全性に大きく関与します。
そのため各素材は、材料自身の引張圧縮時の特性評価、積層材などの接着性の評価、電極に使用されるアルミ箔や銅箔の接着性の評価、材料の膨張などによる破裂は釘刺し(突き刺し)時の強度特性が評価されています。

電解液の充填の際には高精度、高速応答性といった製品の精度に関わる項目に加え、生産性をあげる為にコンパクトなデザインであることが求められます。AD-4212Cは独自の技術であるEM-DLC(電磁式デジタルロードセル®)方式を採用し、高い精度・高速応答性・コンパクト性を実現しました。
また、パソコン、PC、PLCなどに直接データを送信することも可能です。

EV/HEVバッテリーHILS

  • 各セル電圧を独立に制御可能
  • CAN、LIN車載ネットワーク搭載
  • MATLAB®/Simulink®によるモデルベース開発
  • 自動テスト構築ツール(TestingPack)のご提供
電気自動車のバッテリー・パックを模擬したHILS
EV/HEVのバッテリー・パック は一般的にバッテリー・セルを直列に接続した構成で、自動車の電力システムは単体バッテリーに対して充・放電します。電力システム全体での充放電サイクルの中でセルによって容量のバラツキがあり、セルによっては深放電状態に陥って、バッテリー・パックの動作不良となるため、各セルの状態を監視し、セル毎に充放電できるバッテリー・コントロール・ユニット(BCU)を搭載しています。