エー・アンド・デイ ウェビナー情報
自動車関連試験機
ウェビナー動画(終了したセミナー)

エー・アンド・デイでは、無料でご視聴いただけるオンライン形式のWEBセミナー(ウェビナー)の動画を配信しております。
お気軽にお申し込みください。

PTT: Power Train Testing 製品

バッテリー自動テスト 試験管理システムのご紹介

所要時間:19分

昨今のバッテリーバックの性能評価試験では、充放電、電子負荷、加振,チャンバー装置を使用しての試験を行いますが、多種多様な試験装置が混在しています。
操作・使用方法はもちろん、生成されるデータのフォーマットも装置ごと,製造メーカー毎に異なる事が多いため、操作方法の習得や、データのマージに多くの工数を要していないでしょうか?

今回紹介するiTest.Batteryは、混在する試験装置の一括監視・管理、制御を可能にし、データ統合も同時に行うことができます。これにより、試験、設備運用、データ解析を効率化させる事による工数削減効果をもたらすことが可能です。
加えて、試験設備から離れた場所でのリモートコントロールも可能になるため、試験者の安全も確保できます。


※予告動画をご覧いただけます(2分程度)


試験自動化ツール「ORION」のご紹介

所要時間:26分

車両開発の短納期高品質が強く要求される現代において、試験効率化は必達になっています。
「ORION」は試験自動化による無人運転を実現し、リソーセス削減や開発期間短縮に大きく貢献します。


※予告動画をご覧いただけます(2分程度)


多機能熱交換システムのご紹介

所要時間:24分

多機能熱交換システムはハイスペック温調装置として、目標温度への追従性に優れ、過渡温度再現を実現しています。
また短時間で温度を安定させる、温度安定性にも優れています。
これらの特徴を有した本システムの導入より、多くのお客様が、試験の効率化、ベンチ室の稼働率向上を実現しています。
今回は機能の紹介を中心に、基本性能及び製品ラインナップの紹介をさせて頂きます。


※予告動画をご覧いただけます(2分程度)


ベスト測器 自動車排気ガス計測における触媒性能評価システムのご紹介

所要時間:23分

開発効率の向上/コスト低減に寄与するシステムの提供に向けたベスト測器の取り組みをご紹介いたします。


※予告動画をご覧いただけます(2分程度)


サム電子機械 自動車部品対象試験機のご紹介

所要時間:22分

株式会社サム電子機械は、1965年の創立以来、電子油圧サーボ式で自動車部品の応用試験機を製作してまいりました。
近年、自動車部品の研究・開発分野で、「軽量化」や「リサイクル」による材料革新が求められています。
これらのニーズに対応した研究・開発用の試験機として、インパルス試験機や動ばね試験機、ステアリング部品関係の試験機をご紹介させていただきます。


※予告動画をご覧いただけます(2分程度)


規制強化にともなう新たな取り組み ~進化するFTIR分析計のご紹介~

所要時間:23分

ますます厳しくなる排ガス規制への対応に有用な計測を提供するFTIR分析計のご紹介

各国排ガス規制が今後もますます強化されるなかで排ガス低減技術の開発においては多種の測定,低濃度域の測定,過渡の測定を求められます。
それらに活用いただけるFTIR分析計をご紹介いたします。


※予告動画をご覧いただけます(2分程度)

VDT: Vehicle Dynamics Testing 製品

動的接地力試験機(Dynamic Contact Force testing Rig)のご紹介

所要時間:22分

動的接地力試験機(DCFR:Dynamic Contact Force testing Rig)はドラム表面に3分力ラインセンサを埋め込み、タイヤ転動中に接地面で発生している接地力(Fx/Fy/Fz)とその分布を計測できる新世代ドラム式試験機です。

本ウェビナーでは動的接地力試験機の特徴、仕様、必要ユーティリティについてご紹介いたします。


※予告動画をご覧いただけます(2分程度)


タイヤ接地形状の可視化手法のご案内

所要時間:19分

タイヤと路面の接地状態は、自動車の挙動を考える上で必要不可欠な要素です。
実走行ではその時々のタイヤ姿勢角によって様々な接地状態が生じますが、それらの関係について解析した例はあまり見られません。
そこで本ウェビナ―では、弊社の動的接地力試験機を活用した幅広いタイヤ姿勢角における接地状態データを捉えるための手法とその解析結果についてご紹介いたします。


※予告動画をご覧いただけます(2分程度)


自動車のモデルベース開発に貢献するエー・アンド・デイのエンジニアリングサービスのご紹介

所要時間:26分

自動車のモデルベース開発に貢献するエンジニアリングサービスとして、PT(パワートレイン)領域からは、モデルを計測技術に適用することで真の現象を表現する『リアルタイム高応答計測手法』、及び、これを利用した 『冷間始動改善技術』、『エンジン高機能適合技術』の概要を紹介し、VD(車両運動)領域からは、タイヤの挙動を新たな視点からの高精度計測を行うことで動的解析に貢献する 『フラットベルト試験機』、『タイヤ動的接地力計測試験機(DCFR)』の概要をご紹介いたします。


※予告動画をご覧いただけます(2分程度)

XILS 製品

電動化に向けたHILSの紹介

所要時間:25分

A&DのHILSプラットフォーム“HELIOS”と、電動化に向けたアプリケーションラインナップとしての“モータHILS”、“バッテリーHILS”をご紹介いたします。

また、今後の取り組みについてもご紹介いたします。


※予告動画をご覧いただけます(2分程度)


バッテリHILSのご紹介

所要時間:21分

ますます加速する自動車の電動化にはバッテリー制御を行うBMS(Battery Management System)開発が重要です。バッテリHILSは、BMSの制御ロジック開発・検証を行うHILSシステムです。
サードパーティ製バッテリモデルに対応しており、モデルの組み込みからBMSをHILSに接続するまでのシステム構築エンジニアリングにより納入後すぐに稼働できるターンキーシステムを提供します。
本ウェビナーでは、バッテリーHILSの機能についてご紹介させていただきます。


※予告動画をご覧いただけます(2分程度)


モータHILSのご紹介

所要時間:21分

ますます加速する自動車の電動化、電動車両のコア技術であるモータの制御開発は短い期間、少ないリソースでの開発が求められています。モータHILSは、モータECUの制御ロジック開発・検証の効率化をサポート致します。
JMAG製モデルに対応しており、モデルの組み込みからECUをHILSに接続するまでのシステム構築エンジニアリングにより納入後すぐに稼働できるターンキーシステムを提供します。
本ウェビナーでは、モータHILSの機能についてご紹介させていただきます。


※予告動画をご覧いただけます(2分程度)


新製品:車載ソフト検証向けシミュレーションツール(Software In the Loop Simulator):SILSのご紹介

所要時間:33分

株式会社ユビキタスAIコーポレーション様 共同ウェビナー

CASE時代において、車載ソフト開発はさらなる開発期間短縮が求められています。
HILSをさらに一歩進め、ECUハードウェアをソフトで置き換えた仮想ECUを使用する、SILS(Software In the Loop Simulator)を導入することで、仕様開発、およびソフトウェア実装検証工数の短縮を図ることができます。

この度、車載ソフトウェア開発環境を提供しているユビキタスAIコーポレーション様とHILSを提供しているA&Dが共同で開発している車載ソフト検証向けシミュレーションツールをご紹介させていただきます。HILSとの連携性についてもご説明させていただきます。


※予告動画をご覧いただけます(2分程度)

力計測センサ 製品

ドライブプレートトルク計の精度向上及び短納期化活動のご紹介

所要時間:14分

車両開発においてエンジンとトランスミッションの切り分けを行うために高精度のドライブプレートトルク計が求められており、また、車両評価の期間を短縮するために打ち合わせから納入までの短納期化が求められています。

本ウェビナーでは高精度のドライブプレートトルク計を短納期で納めるために弊社で行っている活動についてご紹介いたします。


※予告動画をご覧いただけます(2分程度)

Power Train Testing Service:PTTS

エンジン計測技術紹介-センサモデルを用いた信号の高応答化

所要時間:17分

本ウェビナーでご紹介する手法は、低応答のセンサにモデルを適用することで高速の現象を推定する技術です。
これを利用した3つの事例、
「過渡吸気流量の推定とA/F予測制御」
「車載エアフローセンサの高応答化と過渡スロットル学習制御」
「過渡A/F計測とフィードバック制御」
についてご紹介します。


※予告動画をご覧いただけます(2分程度)


エンジン計測技術紹介-気筒別吸気流量の計測

所要時間:19分

エミッション規制が厳しくなる中、より精密な燃焼制御が必要とされてきています。実現のためには、気筒間の差異までを考慮したエアパスの設計、燃焼の制御が必要になります。これらに必要となる、気筒別の流量を正確に計測する技術をご紹介します。


※予告動画をご覧いただけます(2分程度)

VDTS:Vehicle Dynamics Testing Service

タイヤ・サスペンション開発に貢献する、タイヤ関連受託試験サービスのラインナップご紹介

所要時間:21分

当社は、タイヤ特性、転がり抵抗、パッチ面の圧力分布計測など、タイヤ接地面の分力計測を高精度にかつ再現性よく動的に行えるユニークなタイヤ試験機を各種設計・開発・販売をしております。昨今、タイヤメーカー様はもとよりOEM様、タイヤに付属するセンサーを製造されているTire1,2様からのタイヤ性能評価のための委託試験ニーズが増大しております。こういったニーズにお応えする為、自社設備として試験装置を自社内に配備し、これら試験装置を使用しタイヤ特性、摩耗性能、乗り心地、音振性能などのタイヤ性能評価の為の基礎データ、タイヤフォーミュラなどのタイヤモデルの同定用の計測データを提供しております。

また、タイヤの単体試験に加え、サスペンションの特性をフラットベルト上でタイヤスタンドでタイヤに挙動を加えながら計測しデータを提供する受託試験サービスも提供しており、実車では難しい台上試験ならではの高い挙動の再現性を保証しております。今回ご紹介するウエビナーではこれらテステイングサービスのメニューはもとより、特徴的な試験装置、高精度な計測を保証する分力センサーのご紹介も行っております。


※予告動画をご覧いただけます(2分程度)