エー・アンド・デイ情報マガジン『WAY』

VOL.12 2018.MAY 株式会社セアスターコーポレーション様

ユージングシーン
熱中症指数モニター
みはりん坊プロ AD-5698

熱中症指数モニター みはりん坊プロ AD-5698 製品画像

建築現場は安全第一。熱中症対策ツール「みはりん坊プロ」をインターネットで検索して見つけました。

株式会社セアスターコーポレーション様にインタビュー

首都圏を中心に、大手ハウスメーカーが手がける中高層マンションの外壁・内壁の塗装を施工していらっしゃるセアスターコーポレーション様。
建築現場の安全第一を徹底するために、塗装スタッフの健康診断や安全パトロールに加え、熱中症対策としてA&Dの熱中症指数モニター「みはりん坊プロ」を現場に設置していただいています。

インタビューいただいた株式会社セアスターコーポレーション様の画像

株式会社セアスターコーポレーション
代表取締役社長
阿部 勝巳様

熱中症はつねに身近にある。人の感覚や経験だけに任せて判断するのは危険です。

インタビュアー 建設業は他産業と比べて、現場での墜落など事故の発生率が高いと言われていますね。
阿部様 労働災害という悲劇を未然に防ぐように、弊社では労働安全衛生法の勉強会や4S活動(整理・整頓・清掃・清潔)、 KY活動(危険予知)などを通じてリスクマネジメントを徹底しています。
その成果として、弊社の一番のお得意先様である大手ハウスメーカー様から15年間の無災害表彰を受けています。
インタビュアー 全国では、熱中症による不幸な死亡事故が毎年100件を超えています。
阿部様 炎天下の建築現場では、熱中症はつねに身近にある危険の一つです。熱中症ではないかと気づいたときには、すでに手遅れになっているという話も耳にしますので、細心の注意が必要ですね。
そのために、建築現場にいるスタッフの体調管理を人の感覚や経験だけに任せて判断するのではなく、何か客観的に判断できるツールがないかと、インターネットで検索してみました。
インタビュアー 検索結果は、いかがでしたか?
阿部様 空調服や冷凍タオルなどのグッズの情報がたくさん出てきましたが、私としては熱中症のリスクを数値管理できる装置がほしかったので、ネット上であれこれ探しているうちに、熱中症指数モニターに行き着いたのです。
お恥ずかしい話ですが、「熱中症指数」という言葉を初めて知りました(笑)。

「みはりん坊プロAD-5698」は、JIS対応品なので安心して採用いたしました。

インタビュアー インターネットでA&Dをお知りになったということでしょうか?
阿部様 そうです。改めて「熱中症指数モニター」で検索すると、A&Dさんが一番上に出てきました。
ラインナップがいろいろあって、手ごろな価格のものもありました。これが売れているんだな、この業界でメジャーなんだなと感じました。
インタビュアー 数あるラインナップの中から「AD-5698」をご採用いただいた決め手は何でしょうか?
阿部様 A&Dさんのホームページを見て、AD-5698に決めました。性能も使い勝手も価格もほぼ同じであれば、JIS対応品に信頼感があるからです。われわれ建築業界では、JISなど公的なお墨付きのある製品を採用する傾向がありますね。「なぜ、これなんだ?」と誰かから聞かれたときに、「JIS対応品だから」と説明しやすいということもあります。
現場スタッフの手を煩わせることなく、市販のカメラ用三脚に取り付けて現場に置くことができるのが良いですね。おまかせモードで自動アラームが鳴りますし、そのアラームブザーの音量も切り替えられるので、現場での注意喚起にとても有効です。スタッフからも好評ですよ。「安全第一」をスローガンだけで終わらせない、弊社の企業姿勢の表れの一つですから。
インタビュアー 現場とのコミュニケーションには、スマホを活用されているそうですね?
阿部様 社長の私が毎月1回以上、各現場に安全パトロールに行くようにしています。しかし日常のコミュニケーションは、もっぱらスマホのLINEを使っています。写真が送れますので、定時連絡だけではなく、その日の出来高や材料の在庫確認のためにも使っています。どんどん便利な時代になってきたなぁと思いますね(笑)。建築現場でもいろいろな作業が機械化されて、便利になってきています。しかし、われわれが行っている塗装は機械化が困難です。塗装するのは機械ではなく「人」ですので、安全面や技術の継承など、スタッフとのコミュニケーションを通じた教育が生命線になると考えています。
インタビュアー 貴社のセールスポイントをお聞かせください。
阿部様 弊社では建築物の状況に即した適切な塗装を選択し、建築物の目的や立地条件、使用されている材質、色彩、美装、保護の度合い、耐久性の程度、その他の特別な機能を要求されているかなどを考慮して、現場ごとに最適な塗装をお客様にご提供しています。
弊社ならではの技術を紹介させていただくと、「セア・ヨゴレガード」は自動車のワックスのようなコーティング材で、建築物の外壁表面に付く雨だれなどの汚染の防止に効果があります。光触媒と異なり、日陰でも効果があるとご評価いただき、リピートが多いですね。
もう1つ、「ライジングコート」は打ち放しコンクリートの表面状態を補修したあとに塗装することで、コンクリートの中性化を抑制し、劣化を防ぐことができます。

「新しい三好」つくりの事業挑戦の礎として。

インタビュアー 貴社は大手建材総合商社の三好商会様(注1) のグループ企業とのことですが。
阿部様 弊社は1994年に設立しましたが、2016年9月30日に株式会社三好商会の100%子会社として再スタートしました。三好商会は2017年に創立70周年を迎えましたが、さらなる挑戦のために、新規事業として2011年に「住宅関連事業」、2015年に「骨材(注2) 事業」、そして2016年に弊社の事業を譲受して、さらなる企業体質の強化を目指した事業拡大を図っています。
インタビュアー 「新しい三好」つくりの一翼を担っていらっしゃるということですね。
阿部様 弊社が培ってきました技術やネットワークが、三好商会の硝子事業やビルド&ケア事業との営業面や、君津事業部との施工相互補完、また生コン営業にも寄与できると考えています。
インタビュアー 本日は貴重なお話をお聞かせいただきまして、ありがとうございました。

(聞き手:株式会社エー・アンド・デイ 販売促進部)

お客様情報

株式会社セアスターコーポレーション
本社
千葉県千葉市中央区栄町42-11 日本企業会館3階
設立
1994(平成6)年10月24日
資本金
1,000万円
株主
株式会社三好商会(持株比率100%)

お使いいただいているA&D製品

熱中症指数モニター みはりん坊プロ AD-5698

JIS B 7922 準拠(クラス2) 小型・軽量ながら黒球付き
フック穴にベルトを通して装着したり、市販のカメラ三脚に取り付け可能

熱中症指数モニター みはりん坊プロ AD-5698のロゴ画像

熱中症指数モニター みはりん坊プロ AD-5698の製品画像
壁掛け卓上型 熱中症指数モニター AD-5693

熱中症指数(WBGT)、気温、相対湿度のアラーム設定が可能
壁掛けと卓上スタンドの2通りの設置が可能

壁掛け卓上型 熱中症指数モニター AD-5693の製品画像
熱中症指数モニター みはりん坊ミニ AD-5689

設定のいらない自動アラーム
携帯ストラップ、壁掛け、卓上スタンドの3通りの設置が可能

熱中症指数モニター みはりん坊ミニ AD-5689のロゴ画像

熱中症指数モニター みはりん坊ミニ AD-5689の製品画像