熱中症指数計/熱中症指数モニター|電子計測機器熱中症指数計/熱中症指数モニター AD-5689(みはりん坊ミニ)

熱中症指数計/熱中症指数モニター AD-5689(みはりん坊ミニ)製品画像

熱中症指数計/熱中症指数モニター AD-5689(みはりん坊ミニ)

  • 日常生活やスポーツ、イベントでの熱中症の対策と管理に
    乳幼児やお年寄りのお部屋・寝室、学校、体育館・公共施設・保育園・介護施設などで
  • 労務環境の安全管理に
    作業現場、工場などで
  • 熱中症指数によりアラームが自動的に作動
  • 熱中症指数(WBGT)、温度、湿度を一度に表示
  • 暑熱環境の危険ランクを4段階表示
  • 壁掛、卓上、ストラップの3通りの使い方ができます

用途別で類似製品を比較する

標準価格 / JANコード

型名 標準価格 JANコード
AD-5689 2900 4981046446716

特長

熱中症指数(WBGT)とは

熱中症指数(WBGT)とはISO7243/JIS Z 8504で規定される国際基準で、熱中症を含む暑熱環境における人が受ける熱ストレスを評価する指数です。


熱中症指数のアラームが自動的に作動
  • 熱中症指数が28℃または31℃に達すると自動的にアラームが作動
  • 熱中症指数の危険度ランクを表示します(注意・警戒・厳重警戒・危険の4ランク)
熱中症指数計/熱中症指数モニター AD-5689(みはりん坊ミニ)使用シーンイメージ画像 熱中症指数計/熱中症指数モニター AD-5689(みはりん坊ミニ)使用シーンイメージ画像
  • 乳幼児やお年寄りのお部屋・寝室に
  • 学校、体育館、公共施設、保育園に
  • 作業現場、工場に
  • 介護施設に

日常生活における熱中症予防方針
温度基準(WBGT) 注意すべき生活活動の目安 注意事項
危険(31℃~) すべての生活活動でおこる危険性 高年齢者においては安静状態でも発生する危険性が大きい。
外出はなるべく避け、涼しい室内に移動する。
厳重警戒(28~31℃) 外出時は炎天下を避け、室内では室温の上昇に注意する。
警戒(25~28℃) 中等度以上の生活活動でおこる危険性 運動や激しい作業をする際には定期的に十分に休息を取り入れる。
注意(~25℃) 強い生活活動でおこる危険性 一般的に危険性は少ないが激しい運動や重労働時には発生する危険性がある。

日本生気象学会 「日常生活における熱中症予防指針」より


特長

熱中症指数(WBGT)とは熱中症を含む暑熱環境における人が受ける熱ストレスを評価する指数です。
本製品熱中症指数計/熱中症指数モニター AD-5689(みはりん坊ミニ)は、熱中症の危険度ランク と熱中症指数をチェックすることができるコンパクトで携帯に便利な製品です。
本製品が表示する熱中症指数はJISやISOで規定される黒球を用いたWBGT値(熱中症指数)により近づけるために、温度と湿度より 湿球温度を計算し弊社が独自に開発した計算アルゴリズムにより温度と湿度から熱中症指数を計算しています。
本製品は日本生気象学会の「日常生活における熱中症予防指針」に準拠して熱中症の危険度を表示しアラーム値を設定しています。


ご使用にあたって

本製品は、熱中症発症を完全に防止できる製品ではありません。熱中症の発症は、温度、湿度、輻射熱などの温熱環境、性別、年齢、既往歴や健康状態などの個人差、運動、労働、日常生活活動などの状況、など様々な要因が作用します。ご使用にあたっては、本製品の特性をよくご理解の上、あくまで目安としてお使いください。 本製品をご使用中、気分が悪くなった場合には、本製品の表示に係わらず、涼しい場所に移動したり、医師の診察を受けるなどの処置をしてください。


製品仕様

表示項目 熱中症指数(WBGT)、温度、湿度
測定項目 温度、湿度
熱中症指数(WBGT)の表示範囲 0℃~60℃(最小表示:1℃)
測定範囲 温度 : 0℃~50.0℃(最小表示:0.1℃)
湿度 : 20%RH~90%RH(最小表示:1%RH)
測定精度 温度 : ±1℃(10.0℃~39.9℃)、±2℃(0℃~9.9℃、40.0℃~50.0℃)
湿度 : ±5%RH(30%RH~69%RH)、±10%RH(他の測定範囲) 25℃時
アラーム音量 約70dB(10cm離れて)
電源 コイン形リチウム電池CR2032 1個 電池寿命:約3ヶ月(アラーム動作なしの場合)
外形寸法 50(W)×55(H)×14(D)㎜
本体質量 約25g(電池含む)
付属品 ストラップ、モニタ用電池、取扱説明書