高性能 汎用ウェイングインジケータ AD-4410

高性能 汎用ウェイングインジケータ AD-4410

  • JIS B7611-2(レベルH)

AD-4410は、AD-4408AやAD-4408Cと同様のハイパフォーマンスデジタルフィルタを搭載しており、今まで困難であった振動の多い環境下での高精度と高速応答の両立を実現しています。
この機能を利用することにより、自動重量判別機、CFWなど、構造上振動源を含んでしまう計量器の性能向上を安価に実現できる可能性を持っています。 また特別な機械的防振構造も不要になるため、コストパフォーマンス及びメンテナンス性も大幅に向上します。

さらにハイパフォーマンスデジタルフィルタを使用することで振動がある場所での校正を行えます。校正するために機械を止め生産を中断したり、機械が止まる休日に出勤して校正を行う必要がなくなります。
新機能として業界初の高次式を使用した非直線補正機能を搭載しました。従来の直線補正では補正しきれなかった誤差も高次の曲線で補正することができますので、より正確な計量ができるようになります。

商品コード・JANコード

型名 商品コード JANコード
AD-4410 AD4410 4981046618786
AD-4410
商品コード AD4410
JANコード 4981046618786

機能紹介動画

AD-4410は強力な振動除去フィルタ(HPDF)を搭載しており振動の多い環境で使えるウェイングモジュールです。

ピークホールドを使用したチェッカーデモ

さまざまな大きさ、重さの移動してる対象物を設定を換えることなく毎回正しく計量します。

ピークホールドを使用したデモ

自力で移動している対象物の計量を行います、対象物の上に振動している物を載せていても計量可能です。

平均化ホールド効果を使用したデモ

移動により対象物が揺れていても、平均化ホールド機能を使用すれば計量安定までの時間が大幅に短縮します。

特徴

・強力な振動除去機能(ハイパフォーマンスデジタルフィルタ)

・高速(100回/秒)・高精度

・強力なノイズ対策を施した電気回路を実装

・平均化ホールド機能

・業界初、高次式を使用した非直線性補正

・Modbus-RTU標準装備

・RS-232C標準装備

AD-4410 Modbus-RTU応用例

Modbusとは

ModbusはModicon社が1979年、同社のプログラマブルロジックコントローラ(PLC)向けに策定したシリアル通信プロトコルで、仕様が公開されており、利用が無料であるため、現在では産業用電子機器を接続する一般的手段となっています。

ModbusはModbus-RTU、Modbus-ASCIIというプロトコルがあり物理的な通信手段はRS-232C、RS-422、RS-485が一般的です。
人間同士のコミュニケーションに例えると、Modbus-RTU、Modbus-ASCIIというのは日本語や英語のように言語となり、RS-232C、RS-422、RS-485は電話、はがき、電子メールなどの物理的な通信手段ということになります。
つまり一方が英語で話し、もう一方が日本語で話しても会話が成り立たないように、Modbus-RTUとModbus-ASCIIを同じシステムに混在させてしまったら物理的につながっていてもデータのやり取りはできません。

産業用電子機器のModbus通信ではModbus-ASCIIよりも伝送効率が高いModbus-RTUが大変多く使われていますが、最近ではイーサネットが普及してきたためModbus-TCPという新たな手法も出てきています。

Modbus-RTU応用例

インジケータでのModbus-RTU通信は過去PLCとの接続が多くを占めていましたが、ここ数年タッチパネル式の表示器がModbus-RTUプロトコルを標準で搭載するようになりましたのでAD-4410もタッチパネルとの接続が可能になりました。

AD-4410とタッチパネルをModbus-RTUで接続した場合、以下のような表示や設定ができます。

インジケータだけの表示では総重量、正味値は同時に見ることはできません、また風袋値は全く見ることはできません。
さらに上下限値やゼロ付近の設定に入るためには、5~6ステップかかります。
タッチパネルタイプの表示器を使用すれば設定が容易であり直感的な操作が可能になります。

AD-4410と接続でき動作が確認できたタッチパネルは以下の製品になります。

  • オムロン株式会社製プログラマブルターミナル NBシリーズ(3.5~10.1インチ)
  • 株式会社デジタル社製プログラマブル表示器 GP4000シリーズ(3.5~12.1インチ)
  • 光洋電子工業株式会社製プログラマブル表示器 ViewJetmore(5.7~15.0インチ)
  • 株式会社キーエンス製タッチパネル VT3シリーズ(4.0~15.0型)

接続方法:インジケータ1台とタッチパネル1台を接続する場合


インタフェースはRS-232CもしくはRS-485(オプション)を使います。
RS-232Cの場合一般的に伝送距離は15m以内となっています。それ以上距離を離す場合はRS-485を使用します。RS-485の伝送距離は1000m以上となっています。
ただし、RS-232CもRS-485も設置場所の環境が良くない場合、理論値より伝送距離が短くなることもあります。

接続方法:インジケータ複数台とタッチパネル1台を接続する場合


インタフェースはRS-485(オプション)を使います。
機種にもよりますがタッチパネル1台にAD-4410は最大32台を接続することが可能です。

仕様

アナログ部

入力感度
0.15µV/d以上(d=最小目盛)
入力範囲
-35mV~+35mV(-7mV/V~+7mV/V)
ゼロ調整範囲
-35mV~+35mV(-7mV/V~+7mV/V)
ロードセル印加電圧
DC5V±5%、120mA、リモートセンシング機能付き
350Ωロードセルは8個まで接続可能、800Ωロードセル(LCC07、LCC11、LCC12)は16個まで接続可能
ゼロ温度係数
±0.02µV/℃(Typ.)
±0.1µV/℃(Max.)
スパン温度係数
±3ppm/℃(Typ.)
±15ppm/℃(Max.)
非直線性
0.005% of F.S.
入力ノイズ
0.3µVp-p以下
入力インピーダンス
10MΩ以上
A/D変換方式
デルタシグマ方式
内部分解能
約16000000
最大表示分解能
999999d(推奨20000d以内)
サンプリング速度
100回/sec
校正
実負荷校正もしくは実負荷を使用しないデジタルスパン校正

デジタル部

表示素子
計量表示:7セグメント緑色LED6桁、文字高14.6mm
極性表示:緑色LED 1個
状態表示:赤色LED 6個
計量表示部
正味量値(NET)または総量値(GROSS)を切り換えて表示
表示範囲:0~999,999d(最小目盛dは1、2、5、10、50より選択)
単位:g、kg、tのシールを貼付
状態表示部
ゼロ点、安定、総量、正味、ホールド、選択機能動作中

外部入出力部

標準シリアル出力
ch1:RS-232C 9ピン Dsub オス
ch2:20mAカレントループ信号(弊社周辺機器接続用)
コントロールI/O
入力3点機能選択(無電圧接点またはオープンコレクタ)、出力3点機能選択(オープンコレクタ出力)

一般仕様

電源電圧
AC100~240V(50/60Hz)約10VA
使用温湿度範囲
-10℃~40℃/85%RH以下(ただし結露しないこと)
外形寸法
144(W)×72(H)×135(D)mm(突起部含む、ただしケーブルを除く)
パネルカット寸法
138×68mm
本体質量
約800g
防塵・防水仕様
パネルマウント時、表示部IP65(付属のパッキン使用)
標準付属品
取扱説明書、7ピンDINコネクタ、8ピンDINコネクタ、ロードセルコネクタ、電源ケーブル、パネルマウントパッキン、ひょう量銘板、単位シール
注)標準シリアル出力(ch1)のRS-232Cのコネクタはご用意ください。PC、PLCに接続する場合はストレートケーブルになります。

オプション

型名・商品コード 品名 JANコード
AD4410-03 RS-485(ch2に装着)DINコネクタ 4981046618793
AD4410-04 RS-232C(ch2に装着)DINコネクタ 4981046618809
AD4410-07 アナログ出力 4~20mA 4981046618816
AD4410-11 スタンド 4981046618823
AD4410-03
品名 RS-485(ch2に装着)DINコネクタ
JANコード 4981046618793
AD4410-04
品名 RS-232C(ch2に装着)DINコネクタ
JANコード 4981046618809
AD4410-07
品名 アナログ出力 4~20mA
JANコード 4981046618816
AD4410-11
品名 スタンド
JANコード 4981046618823

・AD4410-03/AD4410-04/AD4410-07はいずれか1点のみ装着可。オプション装着時、20mAカレントループは使用できなくなります。