WPS

Wheel Position Sensor
様々な計測シーンに対応したホイール姿勢センサ

WPSホイール姿勢センサは、ボディを基準としたホイールの位置・角度をリアルタイムで計測します。

計測点の水平を保持する「平行リンク」と、高速走行・高Gに対応した「シングルロッド」の2種類のタイプがあり、計測シーンに合わせて選択することが出来ます。

各リンク可動部の角度とリンク長から順運動学に従ってホイール姿勢を演算します。

特長

  • 車両ボディを基準としたホイールのXYZ軸の位置座標と角度を計測
  • LGSと組み合わせることにより、車両ボディのピッチングを計測可能(平行リンクタイプ)
  • 高速・高Gの試験をサポート(シングルロッドタイプ)
  • 高精度アブソリュートエンコーダ(17bit)を採用
  • 汎用CAN出力機能により、ユーザ所有のデータロガーに接続可能
  • A&D製DSP 小型・軽量コントローラを採用

仕様

項目 平行リンクタイプ シングルロッドタイプ
検出 17bitアブソリュートエンコーダ
座標方向 X軸: 車両前後方向
Y軸: 車両横方向
Z軸: 車両上下方向
計測項目 Px: X軸方向の位置 [mm]
Py: Y軸方向の位置 [mm]
Pz: Z軸方向の位置 [mm]
Ax: X軸周りの角度 [rad or deg]
Ay: Y軸周りの角度 [rad or deg]
Az: Z軸周りの角度 [rad or deg]
Vp: タイヤ回転速度 [rad/s]
Ap: タイヤ回転角度 [rad or deg]
計測範囲 Px: ±150mm、Py: ±100mm、Pz: ±180mm
Ax: ±15deg、Ay: ±15deg、Az: ±30deg
Px: ±150mm、Py: ±100mm、Pz: ±180mm
Ax: ±30deg、Ay: ±15deg、Az: ±30deg
分解能 Px: 0.016mm、Py: 0.021mm、Pz: 0.016mm
Ax: 0.0027deg、Ay: 0.0027deg、Az: 0.0027deg
Px: 0.024mm、Py: 0.024mm、Pz: 0.01mm
Ax: 0.0027deg、Ay: 0.0027deg、Az: 0.0027deg
精度 Px: ±0.5mm、Py: ±0.5mm、Pz: ±0.5mm
Ax: ±0.1deg、Ay: ー※、Az: ±0.1deg
Px: ±0.5mm、Py: ±0.5mm、Pz: ±0.5mm
Ax: ±0.1deg、Ay: ±0.1deg、Az: ±0.1deg
最高使用速度 120km/h 180km/h
防水性 IP65

※構造上、精度保証対象外

詳細

平行リンクタイプ

平行リンク機構により、基準点と測定点を同角度に保持します。ステアを切っても水平を保つことが出来るため、LGS(レーザ対地センサ)と組み合わせることで、地面基準でのボディ姿勢を求めることが出来ます。

シングルロッドタイプ

中央のロッドがリンク機構部を支えており、上下方向の振動に強い構造になっています。そのため、高速走行・高Gを伴う計測シーンでも使用可能です。

ノーマルホイールに取付可能

WFS(ホイール6分力計)との併用だけではなく、専用固定具を使いノーマルホイールにも取付可能です。インクリメント回転検出器によってホイール回転のデータも取得します。