LGS

Laser Ground Sensor
地面を基準としたタイヤ姿勢やスリップを計測するレーザ対地センサ

LGSレーザ対地センサは、地面を基準としたホイールの速度や姿勢を計測します。

レーザ対地センサは、2つの速度センサと3つの距離センサを組み合わせた構造をしています。

レーザドップラ速度計(LDV)により、対地速度、スリップアングルを計測します。

レーザ変位計(LDS)により、対地ピッチ・キャンバアングル、タイヤ有効半径を計測します。

速度の検出は、レーザドップラ方式を採用しており、速度0も検出することが可能です。

WFS(ホイール6分力センサ)・WPS(ホイール姿勢センサ)と組み合わせることで、それぞれの計測値を、地面座標を基準とした6分力とボディ姿勢に補正することが可能です。