カーボンニュートラル(脱炭素社会)/CO2削減が求められる社会に向けて、水素エネルギーの活用が期待されております。
本ページでは、A&Dが提案する水素エネルギー向けソリューションのご紹介をいたします。

①水素エンジン開発向け油圧可変動弁
②水素ガス分析計
③水素ステーション用高圧ホース対応インパルステスタ

水素エンジン開発向け

  • 既存のガソリン、ディーゼルエンジンベース、単気筒エンジンを利用した開発
  • 水素エンジン用新型エンジンの開発
    (燃焼室形状/ボア/ストローク/圧縮比やイグナイター位置、インジェクタ位置を自在に変更しての開発)に対応可能

ベンチ制御計測システム(iTest)

  • マニュアル試験
    • スロットル/回転/トルク指示
  • 自動試験

① 油圧可変動バルブ

  • バルブリフト制御
    • リフト
    • タイミング
    • カムプロファイル

② 排ガス分析計

  • NOX
  • 残留水素
  • CO
  • CO2 他

③ 燃焼解析装置(CAS)

  • ストロークから角度変換
  • 各種燃焼解析図表(リアルタイム表示)
  • エンジン制御信号の同時計測
  • リアルタイム燃焼解析

④ フル可変動エンジン

  • ピストンストローク制御
    • 圧縮比
    • ストローク

⑤ エンジン制御部(RPT)

  • ピストンストローク制御
    • エンジン回転数
    • 燃料噴射(回数、タイミング、量)
    • 点火
    • スロットルバルブ
    • EGR
    • ターボ
  • 制御情報計測

⑥ シリンダ温調システム

  • シリンダウオータジャケット温度制御

水素ガス分析向け

H2ガス分析計 Bex-1000Hシリーズ
低濃度~高濃度まで、測定ニーズに合わせ最適なモデルを選択可能。
共存ガスの干渉を極小に抑え、高精度なH2測定が可能。

FT-IRガス分析計 Bex/BOBシリーズ
独自技術により各成分の高精度計測を実現。
FT-IRでは測定できないH2、O2やTHC計の増設も可能です。
新エネルギー、排ガス規制の新成分としても注目されているNH3、GHG規制成分であるN2Oガス分析にも活用されています。

水素ステーション用高圧ホース対応インパルステスタ

A&Dのインパルステスタは水素用高圧対応可能
インパルステスタとは
被試験品内に静的圧力・繰り返し圧力を加え、漏れの発生、機能の低下、損傷の有無などを評価する試験機

仕様例:水素ステーション用高圧ホース試験機

  • 圧力:100MPa
  • 周波数:1.17Hz ※任意設定可能
  • 立上速度:0.1~1.0sec
  • 波形:台形波
  • 恒温槽:-40~+150℃
  • 油槽:RT~+150℃
  • 試験媒体:試験油 ※水を試験媒体とする場合はご相談ください