振動・騒音解析|試験・計測(振動・騒音解析)小型4ch振動・騒音解析システム AD-3661(WCAmini)

小型4ch振動・騒音解析システム AD-3661(WCAmini)製品画像
  • 小型4ch振動・騒音解析システム AD-3661(WCAmini)製品画像
  • AD-3661(WCAmini)PC接続イメージ画像
  • AD-3661(WCAmini)小型イメージ画像

小型4ch振動・騒音解析システム AD-3661(WCAmini)

  • 小型軽量(約330g)
  • USB接続、USBバスパワーユニット(ACアダプター不要)
  • 24ビット 計測4チャンネル(TEDS対応)
  • 回転パルス計測専用1チャンネル
  • 信号出力 1チャンネル
  • スループット記録・再生、ボイスメモ入力
  • FFT解析統合ソフトウェア添付(WCAPRO)
  • 簡易測定支援メニュー添付(WCA Lite)
  • トラッキング解析(オプション)
  • リアルタイムオクターブ解析(オプション)
  • フィルタ機能(オプション)

価格と構成

標準構成 880000
ハードウェア(USBケーブル、ACアダプタ含む)、WCAPROオンラインFFT機能、パソコン本体USBバスパワー供給不足時のみACアダプタ使用
オプション 2Dトラッキング機能 180000
3Dトラッキング機能 180000
リアルタイムオクターブ機能 280000
フィルタ機能 180000

小型4ch振動・騒音解析システム AD-3661(WCAmini)

  • 小型軽量(約330g)、USBバスパワー駆動
    • 出張カバンに入る小型軽量なボディ、電源はUSBバスパワー駆動。いつでも、どこでも、騒音・振動実験解析を支援します。
  • 操作性重視のフレンドリーGUIと簡易測定支援メニュー
    • 定評あるWCAからの設計思想を継続し、更なる使いやすさを追求しました。FFT解析、トラッキング解析を簡単操作でお使いいただくための簡易測定支援メニューを用意しました。
  • CompactWCA、WCAonPC(AD3600シリーズ)との互換性
    • 操作体系は完全互換なので既存ユーザのトレーニングレスを実現しました。解析データはMFUファイルより完全互換のため過去のデータを無駄にしません。
  • FFT解析統合ソフトウェアWCAPRO
    • 付属ソフトウェアWCAPROはWindowsアプリケーションとして扱いやすいユーザインタフェースを実現したリアルタイムFFTアナライザとして、騒音・振動実験解析を支援します。
      標準機能のスループット機能により、長時間時系列データの記録・再生解析やWAV・CSVファイルへの出力が可能です。また、必要なオプションライセンスの追加により、リアルタイムオクターブ解析、トラッキング解析、パソコン単独でのオフライン解析を行うことも可能です。

簡易測定支援メニュー

FFT解析
  • 基本操作は「FFT解析」・「アナライザ設定」・「入力設定」の3つのメニューで簡単操作
  • 簡易測定支援メニューを開いた状態で収集開始、データ保存が可能

条件ファイルの復帰で、アナライザ設定、入力設定の内容を簡易測定支援メニューの右側に表示します。関数設定で解析関数、グラフ表示設定を行うと、すぐに収集を開始できます。
計測条件の変更は、「アナライザ設定」ウィンドウをクリックするか、「アナライザ」ボタンを押して表示されるアナライザ設定メニューで行います。
入力条件の変更は、「入力設定」ウィンドウをクリックするか、「入力」ボタンを押して表示される入力設定メニューで行います。
「印刷」ボタンで画面のハードコピーも可能です。「収集開始」、「停止」、「保存」、「印刷」ボタンはファンクションキーにも対応しています。収集中のアベレージ回数、計測チャンネルのオーバーロード表示は、簡易測定支援メニューの上部で状態表示します。

トラッキング解析
  • 基本操作は「トラッキング解析」・「アナライザ設定」・「入力設定」・「収集関数設定」の4つのメニューで簡単操作
  • 簡易測定支援メニューを開いた状態で収集開始、データ保存が可能

条件ファイルを復帰で、アナライザ設定、入力設定の内容を簡易測定支援メニューの右側に表示します。関数設定で解析関数、グラフ表示設定をすれば、すぐに収集を開始できます。
計測条件の変更は、「アナライザ設定」ウィンドウをクリックするか、「アナライザ」ボタンを押して表示されるアナライザ設定メニューで行います。
入力条件の変更は、「入力設定」ウィンドウをクリックするか、「入力」ボタンを押して表示される入力設定メニューで行います。
トラッキング関数の変更は、「関数」ボタンを押して表示される収集関数設定メニューで行います。
「印刷」ボタンで画面のハードコピーも可能です。「収集開始」、「停止」、「保存」、「印刷」ボタンはファンクションキーにも対応しています。収集中の回転数、計測チャンネルのオーバーロード表示は、簡易測定支援メニューの上部で状態表示します。

機能紹介

FFT機能

リアルタイム処理、時系列データファイルによる後処理として各種FFT関数の解析を行うことができます。
フレームサイズ65536のサポートで1/25600の周波数分析が可能です。
振動解析、騒音解析に必要なスペクトラムアベレージ機能、ハンマー加振、加振機を用いた伝達関数測定などFFT分析に必要な機能を提供します。

リアルタイムオクターブ機能(オプション)

リアルタイム処理、時系列データファイルによる後処理としてデジタルフィルタ方式のオクターブ解析を行うことができます。
FFT機能、トラッキング機能とリアルタイムオクターブ解析を同時に行うことも可能です。

トラッキング機能(オプション)

リアルタイム処理、時系列データファイルによる後処理としてトラッキング解析を行うことができます。リアルタイムに次数処理を行う2Dトラッキング、3Dマップを求める3Dトラッキングの解析モードがあり、定比・定幅トラッキング、タイムトラッキング、位相トラッキング、平均機能、スムージング機能と豊富な機能を提供します。
2Dトラッキング関数の設定はテーブル形式より、簡単に複数チャンネル分の設定ができます。中心成分の単位:次数/周波数、バンド幅の単位:次数/周波数の設定で任意な解析成分を定義可能です。トラッキング点数は最小回転数/最大回転数/Δrpmから任意に設定できます。
3Dマップはキャンベル表示、カラースペクトラム表示も可能で、3Dカーソルによる次数切り出しにも対応しています。また、2Dトラッキング関数テーブルから任意の次数をまとめて処理できます。

フィルタ機能(オプション)

時系列データファイルによる後処理としてローパス・ハイパス・バンドパス・バンドリジェクトのデジタルフィルタ処理が可能です。次数フィルタもサポートしています。

基本機能と2D後処理機能

計測データ・解析データ(MFUファイル)のグラフ表示、リスト表示(Lin/dB)、カーソル表示(2D/3D)、保存・復帰機能(条件ファイル/データファイル)、プリント出力(グラフ/リスト)、グラフのメタファイル出力、リストのコピー&ペースト、および2Dデータに対する演算機能(包絡線/平均化/スムージング/聴感補正/微分積分/補間/位相反転/位相整合)など、豊富な機能を提供します。

3D後処理機能 (トラッキング機能に含まれます)

3Dデータ(MFUファイル/ブロックデータ)に対する後処理演算が可能です。任意次数/周波数データの切り出し(中心成分の単位:次数/周波数、バンド幅の単位:次数/周波数)、指定回転数またはレコードの2Dデータ切り出し、関数変換(スペクトラムマップをオクターブマップに変換)、平均処理、聴感補正、微分積分など、豊富な演算機能を提供します。

スループット機能

時系列データをパソコンのハードディスクに直接記録できるスループット機能を標準サポートしています。記録したデータを再生(ダウンサンプリングも可)して解析も可能です。
また、時系列データをCSVファイル、WAVファイル、MATファイル(Level4)に変換することや、CSVファイルを時系列データとして読み込むことも可能です。
長時間データの確認、解析範囲の指定、サウンド再生、指定した範囲を別ファイルに出力することが可能です。

WCAPROオフライン後処理解析機能

フロンドエンドがなくてもWCAPROはオフライン解析ソフトウェアとして機能します(別途ライセンスは必要)。スループット記録した時系列データのFFT解析、トラッキング解析、リアルタイムオクターブ解析、時系列フィルタ処理を行うことができます。
他社データレコーダの時系列データファイルもサポートしています。また、解析データファイル(MFUファイル)の重ね書き表示、カーソル機能による値読み、2D/3D後処理演算が可能です。

ME'scopeVES 実験モーダル解析・音響解析ソフトウェア

機械・構造物の振動/音響現象の実験解析を簡単に処理できます。<実稼働解析・実験モーダル解析・構造変更・音響解析>
WCAminiで計測したデータファイル(MFUファイル)をME'scopeVESで直接読み込むことができます。
※ ME'scopeVESはバイブラントテクノロジー社の製品です。

ME'scopeVES表示画面例画像

仕様

入力部 入力チャンネル数 4チャンネル
入力インピーダンス 1MΩ
入力結合 AC、DC、ICP
入力レンジ -20dB(141mV)、0dB(1.41V)、+20dB(14.1V)
トリガソース 入力チャンネル、外部入力
回転パルス計測チャンネル数 1チャンネル
分析部 フレームサイズ 64、128、256、512、1024、2048、4096、8192、16384、32768、65536点
周波数レンジ 最大40kHz
リアルタイム解析周波数 40kHz(Core i7 2.8GHz PCの場合)
A/D変換器 24ビット
ダイナミックレンジ 100dB以上
解析機能 時間関数、時間平均関数、スペクトル、オートパワースペクトル、複素スペクトル、エネルギー・スペクトル密度関数、パワースペクトル密度関数、クロススペクトル、位相スペクトル、伝達関数(H1、2、3、V)、コヒーレンス関数、1/1,1/3,1/6,1/12オクターブ
表示機能 プロットウィンドウ 最大16ウィンドウ同時表示可能
重ね書き 最大8トレース(2D表示)
表示フォーマット 2D表示(振幅表示、ボード線図、ナイキスト線図、オービット表示)
3D表示(マップ、キャンベル線図、カラースペクトログラム)
ブロック演算機能 +、-、*、/、共役複素数、離散フーリエ変換、高速フーリエ変換、逆離散フーリエ変換、逆高速フーリエ変換、時間領域の微分/積分、周波数領域の微分/積分、ヒルベルト、逆ヒルベルト、指数、対数、自然対数、振幅、位相、平方根、三角関数、エンベローブ、平均、聴感補正、スムージング、補間、1/1,1/3,1/6,1/12オクターブ
信号出力機能 出力チャンネル数 1チャンネル
出力波形 サイン波、ピュアランダム、バンドランダム
波形属性 バースト制御、ランプ制御、スイープ制御
オーダトラッキング機能(オプション) カタログをご覧ください
リアルタイムオクターブ機能(オプション) カタログをご覧ください
動作環境
(最小システム構成)
CPU Core i3/i5/i7(Core2 Duo、PentiumM)1.4GHz以上
メモリ 512MB以上
HDD 20GB以上
モニタ 800×600 6万5千色以上
OS Microsoft Windows10 Pro 32bit
Microsoft Windows10 Pro 64bit
Microsoft Windows8.1 Pro 32bit
Microsoft Windows8.1 Pro 64bit
Microsoft Windows8 Pro 32bit
Microsoft Windows8 Pro 64bit
Microsoft Windows 7 Professional/Ultimate 32bit
Microsoft Windows 7 Professional/Ultimate 64bit
※64bit OSでは32bit互換モード(WOW64)で動作します。
バージョンアップサービス FFT機能 1年間:¥30,000(税別)、3年間:¥60,000(税別)、5年間:¥90,000(税別)
2Dトラッキング機能 1年間:¥20,000(税別)、3年間:¥40,000(税別)、5年間:¥60,000(税別)
3Dトラッキング機能 1年間:¥20,000(税別)、3年間:¥40,000(税別)、5年間:¥60,000(税別)
リアルタイムオクターブ機能 1年間:¥30,000(税別)、3年間:¥60,000(税別)、5年間:¥90,000(税別)
フィルタ機能 1年間:¥20,000(税別)、3年間:¥40,000(税別)、5年間:¥60,000(税別)
筐体寸法/
質量
外形寸法 30(H)×139(W)×138(D)mm(突起物除く)
質量 330g以下
電源 USBバスパワー、ACアダプタ