体重計|医療・健康(家庭用健康機器)50g表示体重計UC-321

50g表示体重計UC-321製品画像

50g表示体重計UC-321について

わずかな違いも見える50g単位表示の体重計

  • 毎日はかりたくなる、体と対話ができる体重計
    目的を持ち積極的に活動している方にお薦めします
  • 目標体重と現体重の差を表示するターゲット表示機能
  • 肥満、やせの基準となるBMI表示機能
  • 体重の変動がわかる31メモリと便利な前回値表示機能

標準価格 / JANコード

型名 標準価格 JANコード
UC-321 13000 4981046143219

特長

体と対話ができる、体重を計りたくなる50g表示の体重計

パーソナル体重計の本格派! 目的を持ち積極的に活動している方にお薦めします。

50g表示の体重計だから

  • 活動、努力に対する成果が見えます
  • 体重の変動(傾向)が正しくつかめます
  • 活動の修正や調整がすぐに行えます

風袋引き機能、前回値差表示機能付き

風袋引き機能や前回値差表示を利用して、赤ちゃんやペットを抱きかかえて測定することで、赤ちゃんやペットの体重を正確に計ることができます。

ペットの体重をはかってみましょう
体重計本体裏面の切替スイッチを、メモリ表示に設定
電源スイッチを入れ、0.00表示になったら体重計に乗ります。

50g表示体重計UC321前回値差表示使用例:ペットの体重をはかるイメージ画像

Smart Sensorを使用、50g表示と薄型モデルを実現

業務用の高精度重量センサ(ロードセル)を、家庭向に小型でスリムに新開発したのがスマートセンサです。
これを四隅に使用することで、50g表示、薄型を実現することができました。また、スマートセンサはタフで長期間、高精度を保持することができます。


BMI機能により、身長を入力し、計量するとBMI値が表示されます
BMIと有病指数の関連グラフと体格判断基準の表画像

BMIとは、Body Mass Indexの略称で、体格指数を表わし、国際的に認められている、肥満・やせの基準です。

BMI=体重(kg)÷身長(m)2乗

病院では、BMIが肥満判定の基準となっており、日本肥満学会は、男女ともにBMIの標準値を22としています。
この標準値は、統計的に生活習慣病などの有病率がもっとも低く長生きできる数値です。

標準体重(kg)=身長(m)2乗×22

ターゲット機能

ターゲット機能により、あらかじめ目標とする体重を設定しておくことで、現在の体重値との差が表示され、ダイエット効果の確認ができます。


31メモリ機能

ターゲット機能により、あらかじめ目標とする体重を設定しておくことで、現在の体重値との差が表示され、ダイエット効果の確認ができます。


Style

薄型のスマートなデザインで、本体カラーは、シルバーメタリックを採用。
居間に置いても違和感のないインテリア性と、立て掛けの収納や、持ち運びに便利な把手付など、実用性を兼ね備えたハイセンスなデザインです。


50g表示体重計UC-321 仕様

ひょう量(体重) 150kg
最小表示 50g(0~100kg)、100g(100~150kg)
電源 / 電池寿命 単3形乾電池4本 / 約2000回
外形寸法 / 本体質量 320(W)×314(D)×35(H)mm / 約2.5kg
表示 大型LCD 文字高25mm
付属品 お試し用単3形乾電池4本、取扱説明書