テンシロン万能材料試験機 RTCシリーズ

テンシロン万能材料試験機 RTCシリーズ

  • 一部のモデルは生産を終了しています

テンシロン万能材料試験機 RTCシリーズは、本体と記録・制御部が一体化した、省スペース設計の万能材料試験機です

  • 最大荷重容量500N(50kgf)から300kN(30tf)まで10モデルをラインナップし、試料・試験目的に合った機種を選択可能です
  • 本体部と計測制御部(本体側面に取付け)の2筐体だけで構成されているため、省スペースレイアウトが可能です
  • 多彩な単位切換え機能、液晶ディスプレイ内に、移動量・実荷重・伸びを個別に表示します
  • 日本語対応のイージーオペレーションで試験の効率化を実現しました
  • 試験条件等を8種類まで登録できるメモリ機能を搭載
  • テンシロン専用に開発した高精度ロードセルを使用。ワンタッチゼロ・スパン調整およびロードセル定格の自動読み込みが可能です
  • 記録計やデータ処理ソフト、環境試験装置等、豊富に用意されたオプションにより、試験目的に合わせて多様に組み合わせることができます

仕様

型式 RTC-1350A RTC-1210A RTC-1150A
負荷方式 コンピュータ制御による閉ループデジタルサーボ方式 引張・圧縮両振り負荷フレーム コンピュータ制御による閉ループデジタルサーボ方式 引張・圧縮両振り負荷フレーム コンピュータ制御による閉ループデジタルサーボ方式 引張・圧縮両振り負荷フレーム
最大荷重容量 50kN(※1) 1kN 500N
有効試験幅 590mm 420mm 310mm
クロスヘッドストローク 990mm 1100mm 612mm
有効ストローク(※2) 608mm 775mm 265mm
クロスヘッド速度(※3) 0.05~1000mm/min、18速 0.05~1000mm/min、18速 0.05~500mm/min、17速
負荷方式
RTC-1350A コンピュータ制御による閉ループデジタルサーボ方式 引張・圧縮両振り負荷フレーム
RTC-1210A コンピュータ制御による閉ループデジタルサーボ方式 引張・圧縮両振り負荷フレーム
RTC-1150A コンピュータ制御による閉ループデジタルサーボ方式 引張・圧縮両振り負荷フレーム
最大荷重容量
RTC-1350A 50kN(※1)
RTC-1210A 1kN
RTC-1150A 500N
有効試験幅
RTC-1350A 590mm
RTC-1210A 420mm
RTC-1150A 310mm
クロスヘッドストローク
RTC-1350A 990mm
RTC-1210A 1100mm
RTC-1150A 612mm
有効ストローク(※2)
RTC-1350A 608mm
RTC-1210A 775mm
RTC-1150A 265mm
クロスヘッド速度(※3)
RTC-1350A 0.05~1000mm/min、18速
RTC-1210A 0.05~1000mm/min、18速
RTC-1150A 0.05~500mm/min、17速

※仕様の詳細は下記PDFをご確認ください。
RTCシリーズ仕様
(※1)100mm/min以上の速度では、最大荷重量は10kN
(※2)基本構成ロードセルおよびジョウを装着したときのストローク
(※3)速度系列は1、2、3、5

外形寸法図

型式 A B C D
RTC-1350A 590 1655 1000 585
RTC-1210A 420 1550 700 450
RTC-1150A 310 1038 550 447
A
RTC-1350A 590
RTC-1210A 420
RTC-1150A 310
B
RTC-1350A 1655
RTC-1210A 1550
RTC-1150A 1038
C
RTC-1350A 1000
RTC-1210A 700
RTC-1150A 550
D
RTC-1350A 585
RTC-1210A 450
RTC-1150A 447

強度に関する応用試験治具

平行締付型ジョウ 引張容量:1N(100gf)~5kN(500kgf)

低容量から中容量に適応する、手締め平行締付型のジョウです。
試料の大きさや形状にあった多種のジョウフェイスを用意しております。

定置式クサビ型ジョウ 引張容量:1kN(100kgf)~300kN(30tf)

中容量から大容量に適応する、クサビ型のジョウです。
試料の大きさや形状にあった多種のジョウフェイスを用意しています。

エアージョウ 引張容量:50N(5kgf)~10kN(1tf)

低容量から中容量に適応する、平行締付型のエアージョウです。
試料の大きさや形状にあった多種のジョウフェイスを用意しています。
コード、糸等の試料専用にタイヤコードエアージョウを別途用意しております。

圧縮試験治具 試験容量:25N(2.5kgf)~300kN(30tf)

試験機の基盤に設置する圧縮盤と、ロードセルに取り付ける圧縮受圧板から構成されます。
試験機本体やロードセルの容量に対応しています。

引張型圧縮試験治具 試験容量:50N(5kgf)~300kN(30tf)

引張力を圧縮力に変換する治具です。

圧縮型曲げ試験治具 試験容量1kN(100kgf)~300kN(30tf)

各種試験規格(JIS、ISO、ASTMなど)に適合した曲げ試験治具です。

変位計測に関する応用試験装置

  • SG型標線間伸び計(平板用、丸棒用)
  • 非接触型標線間伸び計:U-4410
  • 接触型標線間伸び計:U-4310D

SG型標線間伸び計

小型軽量を特長とした試験片取付型の伸び検出器で、試験片標線間での伸びを計測します。標線間距離や伸び量の大きさに応じて各種用意しております。

※別途RTF-04が必要です

非接触型標線間伸び計

標線間の伸びを非接触にて高精度で測定する、電子光学式・自動追尾式の伸び計です。

※別途RTF-06が必要です

温度、環境試験に関する応用試験装置

  • 恒温・恒湿試験装置
  • 高温試験装置
  • 極低温試験装置
  • ガス雰囲気内高温度試験装置
  • 真空内高温度試験装置
  • 浸漬試験装置
分類 温度範囲 備考
TKC RT ~ +270℃  
TLF -35℃ ~ +270℃ 冷凍機冷却
TCF -60℃ ~ +270℃ 液体CO2冷却
TCLF -60℃ ~ +270℃ 冷凍機+液体CO2
TLF2 -65℃ ~ +250℃ 二段冷凍機
TNF -150℃ ~ +250℃ 液体N2冷却
TLF・HS -35℃ ~ +270℃ 冷凍機冷却・湿度調整付
温度範囲
TKC RT ~ +270℃
TLF -35℃ ~ +270℃
TCF -60℃ ~ +270℃
TCLF -60℃ ~ +270℃
TLF2 -65℃ ~ +250℃
TNF -150℃ ~ +250℃
TLF・HS -35℃ ~ +270℃
備考
TKC  
TLF 冷凍機冷却
TCF 液体CO2冷却
TCLF 冷凍機+液体CO2
TLF2 二段冷凍機
TNF 液体N2冷却
TLF・HS 冷凍機冷却・湿度調整付

架台

  • ウィングは別売(RTC-1210A/RTC-1150A用)
    幅420mm×奥行450mm
    左または右、どちらにも取付可能
  • 記録計台別売(RTC-1350A用)
    幅400mm×奥行500mm
    右側に取付け、可倒式
対象モデル 幅×奥行×高さ
RTC-1350A 1000×650×460mm
RTC-1210A 700×540×630mm
RTC-1150A 550×503×625mm
幅×奥行×高さ
RTC-1350A 1000×650×460mm
RTC-1210A 700×540×630mm
RTC-1150A 550×503×625mm