会社情報

ご挨拶
代表取締役社長 古川 陽 創業30周年を迎えてさらなる進化を志向します
創業以来、エー・アンド・デイは高精度・超高速の「A/D(アナログ/デジタル)変換技術」をコアとして多種多彩な電子計測・計量機器を提供し、産業と社会の発展を支えてまいりました。そして、2007年5月、当社は創業30周年を迎えることができました。これもひとえに皆様方のご支援の賜物と厚く御礼申し上げます。 これを一つの区切りとし、当社は以下の通り新たな経営理念を掲げ、企業として次なるステージを目指すことを決意いたしました。


●使命:わたしたちは、自然界の情報を捉え活かすためのアナログとデジタルの変換技術を原点に、計測、制御技術を駆使したツールの提供によってお客様による新しい価値の創出を支援し、産業の発展と健康な生活に貢献します。

●信条:わたしたちは、『HONMONO』にこだわり、自ら設けた課題に挑み、あきらめずにやり抜きます。

今後とも、常に本質を究める姿勢を忘れず、チャレンジャーとして日々弛まぬ努力を続けてまいります。具体的には、当社が長年培ってきたセンサー技術とDSP技術(高速デジタル信号処理技術)の融合により、試験機・計量器・メディカル機器を始め新たなFAやLAの分野へと応用範囲を広げ、産業と社会の高度化に対応するメーカーとしての存在価値を高めてまいりたいと存じます。


お客様とともにソリューションを追求します
DSP技術はこれからの当社のコアコンピタンスであり、計測の技術は、計測結果を分析し、対象物に反映させる制御の技術と一体化することによって自動車産業をはじめ、より大きな市場を形成するものと当社では考えております。当社は、今後もユーザーの皆様とともに最適なソリューションを追及することを通じ、各業界の発展に寄与してまいります。


グローバルな視点からお客様に奉仕します

当社は、創業当時から世界を念頭においたビジネス展開を方針に掲げ、これを実行してまいりました。現在では、世界8カ国に販売を中心とする現地法人を設置し、4カ国に生産拠点を置くにいたっております。先端・未来的な技術はあくまでも国内で開発し、コスト・量産を求められる製品は海外での開発・生産と区別してゆくことを基本的なスタンスとし、幅広いニーズに、迅速にお応えしてまいります。変化をおそれず、決してあきらめず、お客様に満足いただける新しい価値を製品・サービスとしてご提供してまいりますので、今後とも、尚一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。



代表取締役 執行役員社長  古川 陽