天秤(天びん)・はかり 通信方法の選択について

エー・アンド・デイでは、お客さまの用途や目的に合わせて、最も簡単に計量データを取り込む方法からPLCを利用した計量システムに接続するまでのさまざまな通信方法を用意しております。以下は、具体的な通信方法の例となりますので、通信方法の選択時の参考にしてください。

1.計量データを簡単に取り込みたい

  • AD-1688(計量データロガー)を使用する
    天びん・はかりのRS-232Cから出力される計量データを記憶、記憶した計量データは、USBメモリの様に専用ソフト無しでパソコンに取り込むことができます。
  • AD-8527(クイックUSBアダプタ)、クィックUSB(GH/GX/GF/FX-i/FZ-iの別売品)を使用する
    専用ソフトなしで、天びん・はかりのRS-232CからパソコンのUSBポートへ計量データを直送します。お使いのアプリケーション(ExcelやWordなど)に計量データを直接入力できます。

»詳細へ


2.計量データをパソコンに取り込むだけでなく、パソコンから天びん・はかりの制御も行いたい

  • AX-USB-9P、AX-USB-25P、AX-USB-DIN(USBコンバータ・ケーブルセット)を使用する
  • RS-232Cケーブル(パソコンにシリアルCOMポートが必要)を使用する
    データ取り込み用ソフトは、“Win-CT”を用意しております。ソフトダウンロードページより無償でダウンロードしていただけます。

»詳細へ


3.複数台の天びん・はかりの計量データを、1台のパソコンに取り込みたい

  • イーサネット・インタフェース、AD-8526(イーサネット・コンバータ)を使用する
    RS-232C(パソコンにシリアルCOMポートが必要)を使用するイーサネット・ハブとの併用により、複数台の天びん・はかりの計量データを1台のパソコンに取り込むことができます。
    イーサネット・インタフェースは、GHシリーズ、FX-iシリーズ、FZ-iシリーズ、AD-4212Aシリーズ、AD-4212Bシリーズの別売品となります。

»詳細へ


4.パソコンとプリンタに、同時に計量データを出力したい

  • GXシリーズ、GFシリーズ、GX-Kシリーズ、GF-Kシリーズ、GPシリーズ、FX-iシリーズ、FZ-iシリーズ、FX-CTシリーズ、FZ-CTシリーズ、FX-GDシリーズを使用する
    別売品の組み込みにより、プリンタ(AD-8121B)とパソコンを同時に接続可能となります。

»詳細へ


5.PLCと接続したい

  • RS-232C、BCD出力を使用する
    BCD出力は、天びんの別売品や周辺機器で用意されています。

»詳細へ


詳細説明 天びん・はかり通信方法の選択について

1.計量データを簡単に取り込みたい

  • AD-1688(計量データロガー)を使用する
    USBメモリのように専用ソフトなしで、天びん・はかりのRS-232Cから出力される計量データを約5000個記憶できます。計量データは、日付・時刻付きでCSVファイル形式で保存され、パソコンのUSBポートに接続することにより、簡単にパソコンに読み込み可能です。専用ソフトは不要です。
    専用の電源は不要です(計量器、パソコンに接続するのみ)。 離れた場所や、クリーンルームなど、パソコンやプリンタを持ち込めない場所にも最適です。
    持ち運び時は、防塵防滴構造(IP65相当)になります。AD-1688は一方向通信機器ですので、AD-1688を利用して、パソコンから天びん・はかりの制御を行なう事はできません。
  • AD-8527(クイックUSBアダプタ)を使用する
    専用ソフトなしで、天びん・はかりのRS-232CからパソコンのUSBポートへ計量データを送ります。計量データは、日付・時刻付きで、ご使用のアプリケーション(ExcelやWord、メモ帳など)に直接入力できます。Windows2000以降であればOSのバージョンは問いません。 専用の電源は不要です(計量器、パソコンに接続するのみ)。持ち運び時は、防塵防滴構造(IP65相当)になります。AD-8527は一方向通信機器ですので、AD-8527を利用して、パソコンから天びん・はかりの制御を行なう事はできません。
  • クィックUSB(GHシリーズ、GXシリーズ、GFシリーズ、FX-iシリーズ、FZ-iシリーズの別売品)を使用する
    天びん本体にUSBインタフェース(クイックUSB)を組み込むことにより、天びんとパソコンをUSBケーブルで接続し、計量データを直接パソコンのUSBポートに送信できます。
    専用ソフトは不要で、Windows2000以降であればOSのバージョンも問いません。送信できるのは計量データのみで、ご使用のアプリケーション(ExcelやWord、メモ帳など)に直接計量データを入力できます。
    クイックUSBは一方向通信機器ですので、クイックUSBを利用して、パソコンから天びん・はかりの制御を行なう事はできません。 クイックUSBを利用できる天びんは、以下となります。
    • GHシリーズ:別売品のGH-02をお使いください。
    • GXシリーズ、GFシリーズ(GX-K/GF-Kシリーズは除く):別売品のGX-02をお使いください。
    • FX-iシリーズ、FZ-iシリーズ、FX-CTシリーズ、FZ-CTシリーズ、FX-GDシリーズ:別売品のFX-i02JAをお使いください。
    • EJシリーズ:クイックUSBを標準で装備しています。

2.計量データをパソコンに取り込むだけでなく、パソコンから天びん・はかりの制御も行いたい

  • AX-USB-9P、AX-USB-25P、AX-USB-DIN(USBコンバータ・ケーブルセット)を使用する
    天びん・はかりのRS-232Cを変換して、パソコンのUSBポートに接続するためのコンバータとケーブルのセットです。
    双方向通信、GLP/GMP出力の取り込みができます。
    データ取り込み用ソフトは、“Win-CT”を用意しております。ソフトダウンロードページより無償でダウンロードしていただけます。 USBコンバータ・ケーブルセットは、計量器のRS-232Cインタフェースの形式に合わせて、3種類から選択してください。
    計量器のRS-232C インタフェースの形状 適合するUSBコンバータ・ケーブルセット
    D-Sub9ピンの場合 AX-USB-9P
    D-Sub25ピンの場合 AX-USB-25P
    DINの場合 AX-USB-DIN
    計量器の型式から調べる場合はこちらをご覧下さい
  • RS-232C(パソコンにシリアルCOMポートが必要)を使用する
    天びん・はかりの多くの機種では、RS-232Cを標準で装備していますので、パソコンにシリアルポート(COMポート)が装備されている場合は、計量器のインタフェースにあわせた接続するケーブルをお求め頂くだけで、双方向の通信が可能です。
    データ取り込み用ソフトは、“Win-CT”を用意しております。ソフトダウンロードページより無償でダウンロードしていただけます。

3.複数台の天びん・はかりの計量データを、1台のパソコンに取り込みたい

  • イーサネット・インタフェースを使用する
    イーサネット・インタフェースを使用することにより、複数の天びん・はかりの計量データを1台パソコンに取り込むことができます。
    データ取り込み用の専用通信ソフト”Win-CT Plus”もイーサネット・インタフェースに標準で付属しています。
    • GHシリーズ:別売品のGH-08をお使いください。
    • FX-iシリーズ、FZ-iシリーズ、FX-CTシリーズ、FZ-CTシリーズ、FX-GDシリーズ:別売品のFX-i08JAをお使いください。
    • AD-4212A、AD-4212Bシリーズ:別売品のAD4212A-08をお使いください。
  • イーサネット・コンバータAD-8526を使用する
    上記以外の天びん・はかりでも、イーサネット・コンバータAD-8526を使用することにより、複数の天びんの計量データを1台パソコンに取り込むことが可能です。
    AD-8526の場合、接続される機器によって接続ケーブルが異なりますので、ご注文時に接続機器をご指定ください。

4.パソコンとプリンタに、同時に計量データを出力したい

  • GXシリーズ、GFシリーズ、GX-Kシリーズ、GF-Kシリーズ、GPシリーズの場合
    別売品のコンパレータ/RS-232C/カレントループ出力を利用することにより、カレントループ出力とRS-232C出力が利用可能となります。 カレント・ループ出力で、コンパクト・プリンタAD-8121Bに計量データを出力でき、RS-232C出力で、パソコンに計量データを出力できます。
  • GXシリーズ、GFシリーズ、GX-Kシリーズ、GF-Kシリーズ、GPシリーズの場合
    別売品のコンパレータ/RS-232C/カレントループ出力を利用することにより、カレントループ出力とRS-232C出力が利用可能となります。 カレント・ループ出力で、コンパクト・プリンタAD-8121Bに計量データを出力でき、RS-232C出力で、パソコンに計量データを出力できます。
    • GXシリーズ、GFシリーズの場合:別売品のGX-04(出荷時オプション)をお使いください。
    • GX-Kシリーズ、GF-Kシリーズの場合:別売品のGX-04Kをお使いください。
    • GPシリーズの場合:別売品のGP-04をお使いください。
  • FX-iシリーズ、FZ-iシリーズ、FX-CTシリーズ、FZ-CTシリーズ、FX-GDシリーズの場合
    別売のUSBインタフェース(FXi-02JA、クイックUSB)、またはイーサネット・インタフェースを利用することにより対応可能です。
    標準装備のRS-232C出力で、コンパクト・プリンタAD-8121Bに計量データを出力でき、USBインタフェースまたはイーサネット・インタフェースで、パソコンに計量データを出力できます。

5.PLCと接続したい

  • RS-232Cを使用する
    天びん・はかりの多くの機種では、RS-232Cは標準で装備していますので、RS-232Cケーブルと、PLC側にRS-232Cの通信ユニットをご用意頂ければ接続可能です。
    三菱電機製PLC(FX-3Gシリーズ、MELSEC-Qシリーズ)と電子天びんを接続する際のサンプルプログラムを用意しています。必要に応じて参照してください。
  • BCD出力を使用する
    AD4212Aシリーズ、AD4212Bシリーズの場合:別売品のBCD出力オプション(AD4212A-01)をお使いください。
    AD4212Cシリーズの場合:AD-8923-BCD(計量ライン用拡張コントローラ[BCD付])をお使いください。
    その他の天びん・はかりの場合:外部コントローラAD-8922AとAD-8922A-01の使用により、BCD出力をお使いください。
  • CC-Linkを使用する
    計量機器とAD-8923-CCを接続することで、CC-Linkを利用して計量機器のRS-232Cから出力される計量データをPLCへ通信することができます。