よくあるご質問

AP-20の校正手順について 【pHメータ】

ここではpH4 の標準液で1点校正する場合を例に校正作業を進めます。

1.まずpHメータAP-20の先端をpH4の標準液に浸けます。CALキーを押すと
 校正モードに入ります。すると液晶の上の段に”測定値”が表示され下の段では”4.0”
 と表示されます。

2.液晶の上の段の”測定値”が安定したら、Entキーを押してください。続けて液晶の
 下の段に”9”とか”7”とか表示されますが、CALキーを押して終了させてください。
 これで”pH4”の校正は終了です。

※ほかの標準液(pH7またpH9など)の場合も同様の手順で1点校正できます。

※2点また3点校正される場合は、”2.”でCALキーを押さないで、AP-20を次の
 標準液(pH7またpH9など)に浸けて、上記と同じ手順で校正を行います。

※”1.”にて測定値が安定しなかったりpH4からかけ離れている場合は校正できません。
 電極部分を30分以上、水道水に浸して馴染ませてから再度校正してみて下さい。

参考)AP-20取扱説明書
 https://www.aandd.co.jp/pdf_storage/manual/analytical/m_ap20.pdf

キーワードで検索

カテゴリー絞り込み検索