よくあるご質問

水分計では何グラム載せて何℃に設定したらよいか            【MS-70/MX-50/MF-50/ML-50】

初めて水分を測定される場合は、まずは測定モードと試料皿に載せる量と温度を決める必要が
ございます。なるべく短い時間で安定した結果が出る条件を探します。

 図.水分計MX-50の表示部分
 
 ・電源をいれてからSELECTキーを押すとこの画面になります。
 ・上図の”Std”表示は点滅しています。Selecrtキーを押すと次の項目が点滅します。
  点滅しているときに↓キーや↑キーを押すと設定内容を変更できます。変更したら最後にEnterキーを押します。

1. 最初に測定モードを決めます

 まずは初期設定(標準モード「 Std 」)のままで構いません。
 水分率が1%以下など低いものを精度良く計る場合は、標準モードHI やタイマーモードを
 お勧めいたします。

2. 次に温度を決めます

 食品の場合は140~180℃と設定することが多いようです。糖分が多かったり炭化しやすい
 ものは低めの温度に設定します。

・温度を高くすると測定時間が短くなりますが焦げやすくなります。また温度を低くするとゆっくり
 と蒸発するようになりますが、より測定時間がかかるようになります。

・水分計NS-70やMX-50に同梱のCD「WinCT-Moisture」からインストールすると適切な温度を判定
 してくれる「RsTemp」というソフトがございます。
 図.加熱温度判定ソフトRsTempの画面
 
 この測定では、100℃から200℃まで20℃毎に其々5分間測定し、適切な温度をABC判定しています。
 ※詳細については本ページ下部の資料「ユーザーズハンドブック」の25ページをご参考ください。

3. 最後に試料皿に載せる量を決めます

 多くの場合は2~5g程度で十分ですが、水分率が1%以下などと極端に低い場合には10g
 以上載せる場合もございます。

・試料皿に薄く平らになるように載せます。厚みが出たり嵩(かさ)があるものは測定値に影響
 が出てしまいます。ミキサー等で砕いて細かくしたり、少なめに載せるようにしてください。

・載せる量を多くすると測定時間が長くなります。逆に量を少なくすると測定時間が短くなり
 ます。

・水分計の液晶右上に表示されるTGT(ターゲット)のグラム数は目安となります。測定する
 試料によって載せる量を変更して頂いて構いません。

測定する試料によって試料皿に載せる量や設定温度は変更するものです。なるべく短い時間で再現性
の良い(安定した)結果が出る条件を見つけるには、試行錯誤が必要なこともございます。詳しくは
次のリンク先のハンドブック(PDFファイル)の 13ページ「代表的な測定結果」に食品や薬品など
の測定事例が約120例ほど記載されております。類似試料の測定例を参考に条件を決めて頂ければと
思います。

参考)
・水分計のユーザーズハンドブック
 https://www.aandd.co.jp/pdf_storage/tech_doc/analytical/t_moisture_handbook.pdf
・水分計の取扱説明書
 https://www.aandd.co.jp/pdf_storage/manual/analytical/m_msmxmfml.pdf

キーワードで検索

カテゴリー絞り込み検索