アイソレーション直流アンプ ALシリーズ

シグナルコンディショナの使用例(大電力短絡試験計測システム)

電力系統の短絡時の大電流アーク現象を解明するためには高絶縁型のシグナルコンディショナが必要です。
常用入力電圧も2000Vと一般的なアンプより高く、高性能、高品質な信号出力が要求されます。
この様な計測システムに利用されるのがAL1301A型シグナルコンディショナです。
検出した信号はノイズの少ない高品質の信号として、データ収録・記録装置(RA2300A/2800A、DL2800A)にて A/D変換され、非常に信頼性の高い計測データが得られます。

シグナルコンディショナの使用例(マルチ処理型計測設備)

ロケットエンジンの開発においては各種の構成コンポーネントの試験をいろいろな観点から試験し信頼性を確認しています。
これらの試験をそれぞれ専用設備で行うと費用と場所が莫大となります。
これらに対応するためにノイズの少ない、汎用で高機能なアンプとしてAL2101A型シグナルコンディショナを利用することで、効率的な試験を行っています。得られたデータは収集用コンピュータで処理され、管理用のコンピュータで集中管理しています。