点検サービス|サポート

1993年の計量法改正により、「標準供給機関」(認定事業者)による校正サービス事業制度が新設されました。
認定事業者とは国の代行機関として、国家標準と実用標準器とのつながり(トレーサビリティ)を証明し、 校正証明書を発行する機関です。

株式会社エ-・アンド・デイ及び弊社関連会社リトラ株式会社では、計量法のトレーサビリティ制度に基づく 「質量」及び「力」区分の校正事業者として、 2001年8月(力)及び2002年3月(質量)に独立行政法人 製品評価技術基盤機構の認定を受けました。 これにより質量(分銅)及び力計(ロードセル、ループ計等)の校正を行い、 JCSS(Japan Calibration Service System)ロゴマーク付きの校正証明書を発行します。

点検サービスについて

信頼性のある精度管理が求められる時代

ISO-9000シリーズの普及、GMPの改正、PL法の施行、そして新計量法の施行と、さまざまな方面から信頼性のある精度維持管理が求められてきています。
特に日常点検、定期的な点検の中での精度管理を行い、信頼性のある計量計測機器の管理体制を構築し維持することは各品質規格の規定要求事項となっています。

天びん・台はかりの定期校正・点検サービス

このような時代の要請に対応し、エー・アンド・デイではお客様の“はかり”設置場所に弊社の認定技術者が訪問し適正な精度管理が行えるよう、定期校正・点検サービスを実施し対応しております。
“はかり”の適正な精度維持のためにACSSサービスをお勧めいたします。

■日常点検だけでは不十分
“はかり”を長期間使用しますと設置環境の変動等により誤差が発生する事があります。
使用環境においての計量値に対する保証、また、通常使用においても、無意識的で偶発的な事故による計量精度の保証が重要視されており、訓練された認定技術者による定期的な校正・点検を行うことにより、品質のバラツキを最小限に抑えることが可能となります。

■JCSS校正とACS校正・点検によるサポート体制
さまざまな品質管理システム(および法規制)において、計量計測機器の管理上では「規程された間隔で国際または国家標準にトレーサブルな計量標準を用いて校正し測定値の正当性を確保する」ことが要求されています。

また、お客様の製品品質を証明する上で、ご使用されている各々の計量計測機器の測定値に対外的な認証性がどの程度要求されているかということも重要な要素です。
多くの場合、測定値の正当性を確保する目的には単に規定要求事項だからという以外に、製品の規定値に対し対外的に有効な証明が必要な場合、または自社の品質管理上工程内での精度維持管理が必要な場合があると考えられます。
対外的に有効な証明が必要な場合においては「JCSS校正証明書」が第三者機関によって校正能力を認定されており、体外的な認証性について必要十分なものです。このようなケースではJCSS校正をお勧めいたします。

工程内での精度維持管理が必要な場合においては、ACS校正・点検による「校正証明書」は校正に使用した標準器の校正証明書の写しを添付することができ製品の精度維持管理上においては有効ですが、対外的な認証性に対しては不十分となります。 計量機器の管理は、適用される品質管理システム等の要求事項や、その使用目的によって管理が煩雑となりやすい傾向にありますが、当社のACSSサービスはお客様の計量機器への管理の程度に沿ったご要望に対応することが可能です。

校正・料金案内

各製品の校正・点検料金につきましては 『ACSS校正サービス』カタログ をご参照ください。

■移動費
移動費は、サービス拠点からお客様までの直線距離で計算いたします。高速料金を含みます。

移動距離 移動費
50km未満 ¥13,000(税込価格¥13,650)
50~100km ¥20,000(税込価格¥21,000)
101~150km ¥26,000(税込価格¥27,300)
151~200km ¥32,000(税込価格¥33,600)
以下50kmごと ¥6,000(税込価格¥6,300)
点検サービスのよくあるご質問

エー・アンド・デイの校正サービス・点検サービスや、JCSS校正について、よくあるご質問をまとめました。
点検サービスのよくあるご質問

お問い合わせ窓口

お問合せは、弊社お客様校正相談センターまたはFE部までお願いいたします。
尚、サービス内容・料金につきましては、断りなく変更される場合がございますので、ご注意ください。

点検・校正に関するお問合せ(点検・校正結果についての疑問、新規のご依頼等)もお気軽にお客様校正相談センターまたはFE部までお問合せください。

お客様校正相談センター:0120-957-513

東日本FE部 : 048-593-1743

西日本FE部 : 06-7668-3908

9:00~12:00、13:00~17:00(土日祝日、年末年始、夏季休暇は除く)