少し視野を広げると、やりたい仕事が出来る会社を見つけることはそう難しいことではないと思います。

機械設計本部
田中 智行

わたしの仕事内容

私は様々な試験機を製作する部署に所属し、主に自動車やタイヤに関わる試験機の機械設計・製作を行っています。
ここ最近ですと、近年話題となっているタイヤの転がり抵抗(自動車の燃費に影響してきます)を測定する試験機や、タイヤの動的特性(タイヤの姿勢を変えたときにタイヤにかかる力等)を計測する試験機の設計を行っています。
これらの試験機を含む他の製品も同様ですが、用いられる高精度の力計測センサや制御システムを自社内で一括製作できることがエー・アンド・デイの強みです。

自動車・タイヤの性能、必要とされる技術は年々進歩していますが、その基盤を支えている数多くの柱のうちの一本が、我々エー・アンド・デイの試験機事業だと考えています。
特に私が設計の一端を担ったタイヤの転がり抵抗試験機は、日本国内だけではなく世界各地のタイヤ工場へ設置されてきており、エー・アンド・デイの名前は世界のタイヤメーカーへ広まってきていると感じています。
私自身、もともと自動車に興味があったこともあり大学は機械工学科に進み、エンジン等の内燃機関についてを学ぶ研究室に所属していました。
就職してから大半の仕事が自動車に関わる内容であったので、今まで学んだ知識や研究が無駄になることは殆ど無く、また部品の材料選定や強度計算等にも大学の講義で学んだ基礎知識が今の仕事に非常に役立っています。

仕事上のエピソード

私達が扱っている試験機は比較的大きいサイズの割に、部品精度は1μmの単位を要求されることも少なくありません。
過去、図面上の精度指定の値が適切でなかったりり、また出来上がった部品が図面通りでないこともあり、使用中に該当部品に組み合わせている軸受が破損してしまうトラブルが発生しました。
こうなるとその後の予定も少しずつ狂い、また新しい部品の手配でコストが余計にかかってしまい、何も良いことがありません。
ですので設計時に細心の注意を払うはもとより、少しでも疑問を持った時には上司や同僚に相談し、不安要素を少しでも解消するように心掛けています。

配属当初、タイヤ関係の試験機は新しく参入した分野で、業界での認知度が低かったこともあり開発・試作をしたものがほとんど売れずに心苦しく思う時期もありました。
今では失敗を糧に製品に改良を加え、次々と出荷される迄に至りました。お客様が認め、業界での認知度も高まり、タイヤ関係の試験機がA&Dを代表する製品の一つ(だと私は思っています)に成長したことに、とてもやりがいを感じています。

A&Dに決めた理由

就職活動は私も非常に苦労しました。当時、自動車関係業界への就職活動に軒並み失敗し、活動期間も非常に長引いていました。
そういった中で少し視野を広げて企業を探していたところ、エー・アンド・デイを見つけました。さらにサイトを調べていると、大学の他の研究室で見かけたことがある試験機(引張圧縮試験機)があり、それに興味をもったことがきっかけであったと記憶しています。
また、入社後の話ですが、エー・アンド・デイは想像していた以上に開発に重点を置いている会社だと改めて実感し、開発環境に恵まれているなと思った記憶もあります。

A&Dらしさについて

私の周りにはとてもユニークな人達が多く、また関係部署間の仲も良く堅苦しい雰囲気も殆ど無いため、良い意味で気を使うことが無く非常に仕事をしやすい環境だと思います。
会社の方針として、ホンモノを作ること、エー・アンド・デイ独自の技術を獲得することをモットーとしているため、常に新しいことを求め、より深い技術を修得することにかける情熱が会社全体にあります。
他社にはないモノを獲得していくということは、もちろん言葉で表せるほど簡単な事ではありませんが、皆日々試行錯誤を重ねています。

OFFの日の過ごし方

私は睡眠時間を長めに取りたい人間ですので、休日の午前中はずっと寝てることもあります(笑)。
朝早く目が覚めた日は、愛車の簡単なメンテナンスや洗車をしたり、車に乗って友人と色々な場所へ遊びに行ったりしています。
もともと多趣味なので、その時に自分が興味があること(音楽、スポーツ、ゲーム等)を精一杯楽しむようにしています。

学生へのメッセージ

自分のやりたい仕事と直接結びつく業界のみで志望企業を絞り込むと、選択肢が限定されてしてしまい就職活動を自ら厳しい状況に追い込むことにつながりかねません。
少し視野を広げると、やりたい仕事が出来る会社を見つけることはそう難しいことではないと思います。
皆様が視野を広げて探した会社の中でも、常にホンモノを目指すエー・アンド・デイが魅力的に映っていたら幸いです。

タイムスケジュール

  • 8:30出社・部品の設計・手配
  • 13:00工場へ移動・機械の組立作業
  • 18:00退社