吸入器|医療・健康(家庭用健康機器)超音波温熱吸入器UN-133P(ホットシャワーPLUS)

  • 生産を終了いたしました
超音波温熱吸入器UN-133P(ホットシャワーPLUS)製品画像

超音波温熱吸入器UN-133P(ホットシャワーPLUS)について

43℃、5マイクロメートルの霧でやさしく温め、潤して、のど・鼻が スッキリ!
超音波振動によって水を霧化するので、やけどの心配がありません。

  • 超音波温熱方式はエー・アンド・デイだけ
  • 超音波式なので生理食塩水が使え、スムースに吸入
  • スチーム式に比べ、吸入スタートが早く、熱いお湯を使っていないので安心
  • 生理食塩水が簡単に作れる専用カップ・計量スプーン付
  • 吸入器を清潔に保管できるマスクカバー、本体保護カバーを付属

標準価格 / JANコード

型名 標準価格 JANコード
UN-133P オープン価格 4981046311342

基本情報

  • 超音波温熱吸入器UN-133P(ホットシャワーPLUS)は管理医療機器です
医療機器認証番号 222AHBZX00012000 JANコード 4981046311342

特長

超音波温熱方式はエー・アンド・デイだけ 使いやすさが違います

43℃・5マイクロメートルのきめ細かいソフトなミストでのど・鼻を温め、潤しスッキリ!
うがいでは届かないのどの奥、鼻の奥に潤いを与えます。

超音波温熱吸入器UN-133P(ホットシャワーPLUS)きめ細かいソフトなミスト画像

超音波温熱方式だから

  • スチーム式に比べ、素早く吸入が開始できます(スタートボタンを押してから約15秒)
  • 生理食塩水が使え、スムースに吸収
  • 吸入中の動作音が静かです
  • 熱いお湯を使っていないので、誤って本体を傾けてもお湯はこぼれ出ません

吸入療法はのど・鼻の不快感を改善します

空気の乾燥や寒気で、のど・鼻の粘膜や繊毛の働きが衰え、ウィルス・ 細菌・花粉・ホコリなどの外部から侵入物を排泄する能力が落ちます。
そこで、吸入療法により、患部を水または生理食塩水で温め(加温)、潤い(加湿)を与えて、衰えていた粘膜の自浄作用を活性化させ、くしゃみやせき、鼻水などの症状を緩和します。

超音波温熱吸入器UN-133P(ホットシャワーPLUS)吸入効果における温度と粒子径について画像

お手入れが簡単 セパレート型

本体と水タンク部が分かれるセパレート型だから、給排水、お手入れが簡単です。
清潔に保管できるよう、吸入マスクカバーもついています。

超音波温熱吸入器UN-133P(ホットシャワーPLUS)本体・吸水タンク取り外し画像

ブザー音でお知らせ
  • 霧化開始→中間→ 終了時
  • 霧化タンク内の水が不足の時にお知らせ
  • 本体と水タンク部の接続が不確実の場合にお知らせ

のど・鼻 同時に吸入できる、マスク型吸入口

吸入口がマスク型なので、のど・鼻 同時に吸入できます。ノズルの付け替えが必要ありません。


生理食塩水が使えます

体液と同じ浸透圧の生理食塩水を使えば、水よりも刺激が少なく、スムースに吸入が行えます。(生理食塩水:0.9%の塩水。水と塩で作れます。)


持ち運びがしやすい 取手つき

超音波温熱吸入器UN-133P(ホットシャワーPLUS) 仕様

電源 AC100V 50/60Hz、消費電力約90W
霧化量 1.8mL/分
霧化粒径 約5マイクロメートル
タイマー 1回約5分間
外形寸法 / 本体質量 100(W)×166(H)×266(D)mm / 約1500g
付属品 吸入マスク、吸入マスクカバー、計量カップ、計量スプーン、本体保護カバー、取扱説明書

超音波温熱吸入器UN-133P(ホットシャワーPLUS) オプション

品名 型名 標準価格
吸入マスク UN-133-01 600
吸入液カップ UN-133-02 600
送風ファン UN-133-04 300
計量スプーン UN-133-05 300
計量カップ UN-133-06 300
吸入マスクカバー UN-133-07 300
ヒーターガード UN-133-08 300
超音波温熱吸入器UN-133P(ホットシャワーPLUS)オプションUN-133-01吸入マスク画像 超音波温熱吸入器UN-133P(ホットシャワーPLUS)オプションUN-133-02吸入液カップ画像 超音波温熱吸入器UN-133P(ホットシャワーPLUS)オプションUN-133-04送風ファン画像 超音波温熱吸入器UN-133P(ホットシャワーPLUS)オプションUN-133-05計量スプーン画像

安全に関するご注意

  • 喘息など呼吸器に症患のある方、治療中の方は必ず医師に相談の上、ご使用ください。
  • 薬剤を用いての吸入療法に使用しないでください。