よくあるご質問

WCAPROバージョンアップ【FFTアナライザ】

新しいバージョンのWCAPROインストールCDが届いた。WCAPROをバージョンアップしても、今までのようにオフラインで使用できるか?

回答 >>

新しいバージョンのためのライセンスコードが必要です。保守契約を締結されている方には、インストールCDと一緒に「ライセンス発行票」をお送りしていますので、この発行票に記載されたライセンスコードを入力して下さい。ご入力する際には「ライセンス管理」において「ライセンス方式の変更」を選択しないようご注意下さい。「ライセンス方式の変更」ボタンをクリックすると、現時点でのライセンス情報が無効となります。無効になった場合には、また新たにユーザコードを発行していただくことになります。

<< 閉じる

ライセンスディレクトリの扱い【FFTアナライザ】

WCAPROのオフラインをネットワークライセンスで購入した。ライセンス情報ファイルを作成するディレクトリの説明には、ライセンスディレクトリは他のクライアントPCからアクセスできるようにディレクトリの『共有設定』を「共有する」に、またライセンスディレクトリ内のファイルの『アクセス権の種類』を「変更」に設定と書いてある。このライセンスディレクトリの扱いについて教えてほしい。ライセンス情報を管理させるライセンスサーバーPCは部署内のサーバーPCでもあるので、簡単に共有、アクセス権の設定ができない。

回答 >>

ネットワークライセンスは、使用可能なライセンスの情報を管理保有するため「ライセンス情報ファイル」を作成し、管理保有します。このライセンス情報ファイルをネットワークでつながっている他のPCが参照します。そのため、ライセンス情報ファイルを保存するフォルダは、共有の設定が必要となります。
1. WindowsXPの場合 (1).ライセンスフォルダのプロパティにおいて、「共有」タブを選択して下さい。
(2).「このフォルダを共有する」を選択します。
(3).「アクセス許可」のボタンをクリックして、アクセス許可の内容を設定します。  ①グループまたはユーザ名 、 WCAPROを使用するユーザもしくはグループを追加設定します。
②アクセス許可ボタンをクリックし、追加したグループまたはユーザのアクセス内容について「変更」を選択します。
2.WindowsVistaの場合
(1)ライセンスフォルダのプロパティにおいて、「共有」タブを選択してください。
(2)「共有」ボタンをクリックし、ファイルの共有を設定します。ユーザもしくはグループを設定した後「共有」ボタンをクリックし、プロパティの「共有」画面に戻ります。ネットワークパスが表示されます。
(3)「詳細な共有」ボタンをクリックします。「アクセス許可」をクリックし、ユーザもしくはグループのアクセス許可を「変更」に設定します。「OK」ボタンをクリックし、プロパティの「共有」画面に戻ります
(4)「閉じる」ボタンをクリックして、共有フォルダのプロパティ設定を終了します。

ネットワークライセンスを同一のサーバPCに複数設定する場合には、それぞれのライセンスファイルを異なるディレクトリパスに設定して下さい。

<< 閉じる

ライセンスサーバーPCの変更【FFTアナライザ】

ライセンス情報を管理させるライセンスサーバーPCを変更したいが、今までのネットワークライセンスはそのまま使えるのか?

回答 >>

変更が一時的な場合は、ライセンスコードの移動を行ってください。変更が一時的なものではなく、新規設置の場合には、ライセンスの再発行が必要となります。
1.ライセンスコードの移動について
(1)ライセンス移動先のPCにWCAアプリケーションもしくはライセンス管理ユーティリティをインストールします。
(2)ラインセンス管理ユーティリティを起動し、受け入れるライセンスを選択し、「次へ」ボタンをクリックします。
(3)ライセンス方式の選択画面が開きます。移動元と同じ形式の「ネットワークライセンス」を選択して、「次へ」ボタンをクリックします。
(4)ライセンス方式の確認画面が開きます。「次へ」ボタンをクリックします。
(5)ライセンスを他のマシンから受け入れるため、「ライセンスの受け入れ」ボタンをクリックします。
(6)表示されたメッセージに従い、ライセンス情報転送用のメディア(フロッピーデスクもしくはUSBメモリ)をドライブに装着しドライブを指定します。
(7)「転送用データを作成した」旨のメッセージが表示されます。ライセンス情報転送用のメディアを抜き取ります。PCはシャットダウンなどをせず、そのままの状態にしておいてください。
(8)ライセンス移動元のPCにおいて、ライセンス管理ユーティリティを起動させ、上述と同じように、ライセンスの種類選択、ライセンス方式の確認まで行います。
(9)ライセンスをほかのマシンに移動させるため「ライセンスの移動」ボタンをクリックします。
(10)表示されたメッセージに従い、ライセンス移動先のPCで使用したライセンス情報転送用のメディアを装着します。「はい」のボタンをクリックします。クリック後は中止はできません。無理に中止をするとライセンス情報が消失しますのでご注意下さい。
(11)ライセンス情報転送用のメディアにライセンス情報が書き込まれます。その後表示されるメッセージに従い、メディアを抜き取り、ライセンス移動先のPCに装着します。
(12)表示されるメッセージに従い、作業を行ってください。ライセンス情報移動終了後、ライセンス管理ユーティリティの「完了」ボタンをクリックして、ライセンスの移動は終了します。
ライセンスコードの移動方法の詳細については、Windowsのスタートボタンから, プログラムを選択し、WCA内の「ラインセンス管理ユーティリティ操作マニュアル」にある「ライセンスの移動方法」を参照してください。

<< 閉じる

コンピュータ名の変更【FFTアナライザ】

ライセンス情報を管理させるライセンスサーバーPCのコンピュータ名を変更すると、今までのネットワークライセンスは使えなくなるのか?

回答 >>

はい。ご利用できなくなります。回復させるためのツールをご用意していますので CATセンター(cat@aandd.co.jp, TEL:048-593-2392)までご連絡下さい。

<< 閉じる

よくあるご質問一覧情報