よくあるご質問

1 2

TACTシリーズの対応OSを教えてください。【データ処理システム】

TACTシリーズの対応OSを教えてください。

回答 >>

Windows 7 Pro 32bit/64bit

Windows 8 Pro 32bit/64bit

Windows 8.1 Pro 32bit/64bit

Windows10 Pro 32bti/64bit

に対応しています、

Home Edition には対応しておりません。

<< 閉じる

MSATシリーズの対応OSを教えてください。【データ処理システム】

MSATシリーズの対応OSを教えてください。

回答 >>

お使いのソフトウエアのバージョンを確認ください。
 バージョンは、起動途中に表示されるスプラッシュの他、ヘルプ=>バージョン情報で確認できます。
 MSAT0001~5RTF の場合、Ver2.0.0以降では、Windows7 Pro 32bitに対応しています。
 ただし、64bitOSや、HomeEditionには対応しておりません。
 Ver1.?.?のものは、WindowsXP Pro 32bitまでの対応です。弊社営業にバージョンアップ(有償)の
 お問い合わせください。
 Windows8には対応しておりません。
 MSAT0001~5V2 の場合、WindowsXP 32bitまでの対応となります。

<< 閉じる

MSATシリーズには日本語以外のものは有りますか?【データ処理システム】

MSATシリーズには日本語以外のものは有りますか?

回答 >>

英語版を用意しております。

<< 閉じる

「試験機異常」のウィンドウが出て、データ処理システムが起動しない【データ処理システム】

データ処理システムが起動しない。
「試験機異常」のウィンドウが出て、「Shikenki Platformが接続されていません。
本体の電源を確認して。再度実行して下さい。」と出てしまう。【試験機】

回答 >>

試験機本体の電源がONになっているか確認していただくと共に、
WindowsのUSB機器としてShikenki Platformが正しく認識できているか確認してください。
USBの別置きハードウェアAD7703を介して接続している場合には、AD7703の電源が入っているか確認して下さい。

<< 閉じる

「データベースの生成に失敗しました」が出てソデータ処理システムが起動しない【データ処理システム】

データ処理システムが起動しない。
「データベースの生成に失敗しました」のメッセージが出てソフトウェアが起動しない。【試験機】

回答 >>

測定データが保存されているデータベースファイルUnitest.DBを新しい空のデータベースファイルに入替えてお試しください。

<< 閉じる

PC画面上にUSB機器の接続ウィザードが表示された【データ処理システム】

接続されている試験機の電源を入れたらPC画面上にUSB機器の接続ウィザードが表示された。【試験機】

回答 >>

データ処理システムをインストールした時と異なるUSBポートに接続した場合に表示されます。
ウィザードを次に進めずにキャンセルして下さい。
その後、USBケーブルを正しいUSBポートに接続し直して下さい。

<< 閉じる

「必要な条件が未入力です」と出てしまい測定出来ない【データ処理システム】

「必要な条件が未入力です」と出てしまい測定出来ない。【試験機】

回答 >>

試料情報のカスタマイズにて入力必須となっている項目を入力可へ変更して下さい。

<< 閉じる

TACTシリーズには日本語以外のものは有りますか?【データ処理システム】

TACTシリーズには日本語以外のものは有りますか?

回答 >>

英語版と中国語版を用意しております。

<< 閉じる

剥離試験用解析条件の無効振幅について教えてください。【データ処理システム】

剥離試験用解析条件の無効振幅について教えてください。

回答 >>

剥離試験で、荷重が上下に振動するような波形を描くような試験をするとき、その山谷が続く中で、ひとつひとつの山を見つけたり、ひとつひとつの谷をみつけたりする解析を、極大点(その山の一番高いところ)や極小点(その谷の一番低いところ)として実現します。
ただし、荷重ノイズのような微小な上下も極大点、極小点として取りだしてしてしまうと、オペレータの意図とは違ってしまうので、ある程度以上、荷重変化が無い場合には、そこを極大点にしないということができます。
ここで使用するのが無効振幅です。ひとつ前の極小点より無効振幅だけ大さくないと、極大点にはしない。ということを繰り返すことによって、意図する極大点のみとなるよう、演算します。
MSAT、TACTどちらのソフトウエアでもこの無効振幅の設定は出来るので、測定結果を開いて、この無効振幅を大きくしたり小さくしたりしながら再計算を実施して、極点の演算が増えたり減ったりするところを実感ください。

<< 閉じる

剥離試験で、大個数とか小個数について教えてください。【データ処理システム】

剥離試験で、大個数とか小個数について教えてください。

回答 >>

大個数、小個数は、極大点や極小点の演算の中で活用されます。
 極大点の解析結果として複数の極大点が解析された時、その極大点のなかで大きいものから5個の平均を取りたい。ときなど、大個数に5を設定して、 結果表のプロパティーで、極大点の中で、大個数を選択することで、この計算が可能になります。小個数は小さいものから何個として演算します。

<< 閉じる

1 2

よくあるご質問一覧情報